Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 【報復の始まり】日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素酸量の一部を承認せず!韓国半導体業界に赤信号

【報復の始まり】日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素酸量の一部を承認せず!韓国半導体業界に赤信号

Twitter上で面白い投稿を発見しました!


ついに日本の報復が始まったのか!!!
記事の詳細を紹介します。(引用記事の元記事は韓国語でした)

日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素酸量の一部を承認していないことが起こった。フッ化水素酸は最近、原料供給が減り、需給がギリギリになるなど供給難に直面した。このような中、日本が輸出にブレーキをかけると韓国の半導体業界が緊張している。

業界は,日本政府がフッ酸の輸出承認を拒否した背景について神経を尖らせている。

7日、業界によると最近日本でA社のフッ酸輸出件が当局の承認を得られない事態が発生した。A社のフッ酸は韓国に輸出され、三星(サムスン)電子、SKハイニックスなど半導体メーカーに供給される物量だった。

フッ酸は戦略物資に分類され、輸出·輸入のためには当局の事前承認を受けなければならない。 このため、1件当たりの使用量から供給先まで詳細な内容を当局に報告した後,承認を受けている。

ところが最近、日本から韓国にフッ酸を輸出するために日本国内で申請した承認件が断られたという。日本政府が輸出承認を拒否した理由は確認されていない。

業界によると、申請書類の不備などの管理の問題や、以前の輸出件から事後の問題が発見され、承認が出ないなど、さまざまな場合があると推測した。

A社の不承認の件が敏感なのは,国内でのフッ酸需給状態が不安定であるためだ。最近,半導体業界は、フッ酸の需給に困っている。 昨年までぎりぎりだったフッ酸の需給が今年に入って悪化し、フッ酸価格は50%近く上昇した。

フッ酸は半導体のウェハー洗浄に使われる。金や白金を除く金属の大半を溶かすほど腐食性が強く、シリコンやウエハー、不純物除去に活用される。フッ酸不足は半導体製造に支障をきたさざるを得ない。 ただでさえ供給と在庫が不足している状況で、輸入過程に予期せぬ支障が生じたため、業界は超緊張状態に陥った。

実際、三星電子とハイニックス社購買チームは、今回の輸出承認拒否事態が起きると,国内の他のフッ酸輸入会社に在庫量を問い合わせるなど、在庫量の確保に赤信号が灯ったという。

半導体用フッ酸は、高い純度が必要で、ステラ、森田のような日本企業が独占・生産する物質である。これらの供給を中断する場合、国内の半導体工場は稼動を中断しなければならないほど依存度が非常に高い。

三星電子とSKハイニックスは「一部のメーカーが輸入に狂いが生じたのは知っているが、現在の半導体生産にはまったく問題がない」と述べた。

引用元;http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/52653773.html

元記事;https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=030&aid=0002756420

因果応報。そろそろ報いを受ける時ということでしょうか。


SNSのコメント

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。