菅官房長官、国際裁判辞さず

韓国元徴用工判決で意向示す


菅義偉官房長官は6日の記者会見で、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決に関し、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も辞さない意向を重ねて示した。「韓国政府が早急に適切な措置を講じない場合は、国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に毅然とした対応をする」と述べた。

同時に「日韓請求権協定に明らかに違反し、友好関係の法的基盤を根本から覆すものだ。極めて遺憾で、断じて受け入れられない」と批判。今後の対処方針に関しては「手の内を明かすことになるので差し控えたい」と述べるにとどめた。
https://this.kiji.is/432396931954852961?c=39546741839462401


Twitterでは様々な意見が出ている


10000いいねがつくほど、国民のこの件への関心は計り知れないものである。


このツイートに対するみなさんの意見がこちらである


おわかりだろうが、国民の意見はほぼ同じ意見である。
これからの政府の対応をしっかり見届けたいものだ。


この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧