Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【笑えるほど超ド正論】小泉進次郎氏が新聞への軽減税率に物申す!

小泉進次郎氏が新聞への軽減税率に指摘!
なるほどおっしゃる通り!とド直球のド正論でした。
当然SNSでもザワザワしています。
そんな進次郎さんと国民の反応をまとめました。


小泉 進次郎
こいずみ しんじろう
新橋駅にて、演説中の小泉進次郎
生年月日 1981年4月14日(36歳)
出生地 神奈川県横須賀市
出身校 関東学院大学経済学部
コロンビア大学大学院
所属政党 自由民主党(無派閥)
選挙区 神奈川11区
当選回数 3回
在任期間 2009年8月31日 – 現職

消費税の軽減税率制度について

【既得権】小泉進次郎「新聞は消費増税しろと言うのに自分たちは軽減税率で8%!筋が通らない!」「拡散希望」

>小泉進次郎氏、財源確保へ「消費税の集め方、変えるべき」 :日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFK26H41_W7A920C1000000/

2017/09/26 – 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は26日、党本部で講演し、子育て支援や社会保障の充実に使う財源を広げるよう訴えた。安倍晋三首相が … 軽減税率は消費増税の負担を和らげるため、一部の品目だけ通常より税率を低く抑える制度。

【衆院選】小泉進次郎が軽減税率見直し提起、「消費税を増税しろと言っている新聞が10%になっても消費税を負担しないのはおかしい」

1豆次郎 ★ そうだ5ちゃんねるしよう!2017/10/01(日) 21:47:45.94ID:CAP_USER9
10/1(日) 21:34配信
時事通信

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は1日、東京都内で街頭演説し、2019年10月の消費税率10%への引き上げ時に導入される予定の軽減税率について、簡素な仕組みに見直すべきだとの考えを示した。軽減税率導入は公明党が強く要望したもので、衆院選での与党選挙協力に影響を与える可能性もありそうだ。
演説で小泉氏は、安倍晋三首相が消費税の使途変更を打ち出したことに触れ、「消費税を集めるときの在り方も見直すべきだと思う」と主張。「分かりやすくもっていこう」と訴えた。
小泉氏は、ファストフード店などを例に、食品を店内で食べるか、持ち帰るかで税率が変わることを説明。「ピザを頼むために、これを考えなければいけない」と、煩雑さを指摘した。
新聞の税率が8%に据え置かれることにも矛先を向け、「『消費税を増税しろ』と言っている新聞が(税率)10%になっても消費税を負担しないのはおかしい」と疑問を呈した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000118-jij-pol

消費増税と新聞の軽減税率 朝日社説の変節ぶり

落合博実(元朝日新聞編集委員)「消費税増税を煽りながら自分たちは『軽減税率』を求める新聞が読者から見捨てられる日」

SNSでの反響

進次郎氏の意見に多数の国民が反応していました!
確かにこの矛盾はおかしいとの意見が多かったです。
この事態は進次郎氏が指摘するように消費税は賛成だが新聞は軽減税率に含むとの主張のせいもあるが、マスゴミと揶揄されるように国民からその偏った報道をしたせいで見捨てられてる部分も大きいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。