立憲民主党の鈴木ようすけ候補アウト~!!児童を選挙運動に動員しちゃダメ!公職選挙法違反です!

特に東京10区の方はご覧ください選挙違反では?というツイートがありました!
立憲民主党の鈴木ようすけ候補です!
その内容は選挙運動に児童を動員したことです。下記tweetをご覧ください。

児童を動員しての選挙運動せ鈴木ようすけ候補がやらかしました!また立憲民主党の候補か!!!
もう一度勉強してやり直してきなさい!!!

明らかに違反なんですけど詳細をご覧になりたい人は↓どうぞ…

第百三十七条 教育者(学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)に規定する学校及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成十八年法律第七十七号)に規定する幼保連携型認定こども園の長及び教員をいう。)は、学校の児童、生徒及び学生に対する教育上の地位を利用して選挙運動をすることができない。
(年齢満十八年未満の者の選挙運動の禁止)
第百三十七条の二 年齢満十八年未満の者は、選挙運動をすることができない。
2 何人も、年齢満十八年未満の者を使用して選挙運動をすることができない。ただし、選挙運動のための労務に使用する場合は、この限りでない。
(選挙権及び被選挙権を有しない者の選挙運動の禁止)

ハイしっかりアウトでした!!!

もうこんなん話になりません。

鈴木ようすけ候補ってこんな人です


鈴木庸介(すずきようすけ)
1975年 豊島区北大塚生まれ 西巣鴨小学校・立教大学経済学部卒業 レスリング部キャプテン
学生時代にアフガニスタン、ルワンダ、ボスニアなど紛争地をめぐる。
世界の理不尽で残酷な現実を前に、政治家を志す。
NHK入局 事件記者としてオウム真理教事件など担当 取材特賞 5回
コロンビア大学 大学院修了 行政学修士(都市政策)
LSE(ロンドン経済政治学院)修了 行政学修士(経済政策)
立教大学経済学部兼任講師、
国土交通省関東運輸局 関東観光まちづくりアドバイザリー会議 委員など歴任

SNSでの反応は?

ピックアップ記事

  1. 2018-2-23

    【韓国】「日韓合意では慰安婦問題は解決できない。合意の再交渉は要求しない」ってつまり履行もしないってこと?

    【韓国】カン・ギョンファ外交部長官「2015年の慰安婦合意では慰安婦問題は解決できない。合意の再交渉…
  2. 2018-2-21

    【韓国】文大統領に「慰安婦合意への明確な立場表明」を求める請願開始 一方で「文大統領にはもう何も期待していない」

    やっと韓国でも文大統領が韓国を取り巻く諸国のご機嫌取りと、国民のご機嫌取りをしていることに気が付いた…
  3. 2018-2-21

    安倍首相VS朝日新聞 朝日のセコ過ぎる記事は国会での首相の発言に対する反抗か?宣戦布告か?ネットでは「仕込んで印象操作」の声

    散歩中の安倍首相に「憲法改正しないで」 返事は… 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸近く…
  4. 2018-2-20

    【河野太郎外相が凄い】”ロシアより中国”安保会議の発言で欧米の注意の目を中国に変えさせた

    河野太郎外相、独の安保会議で中国に警鐘「操られないよう注意しなければならない」 河野太郎外相は…
  5. 2018-2-19

    記者に『殺すぞ』暴言の兵庫・西宮市長、わずか1期4年での退任表明!

    取材しようとした読売新聞の記者に「殺すぞ」と暴言を吐き、問題になった兵庫県西宮市の今村岳司市長(…
  6. 2018-2-19

    「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」イ・ギフン体育会長がVIP席を占拠して暴言

    【韓国】イ・ギフン体育会長がIOCのVIP席を占拠。「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」など…
  7. 2018-2-18

    【「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ】他人の不幸は喜ぶくせに自分には過剰に反応する韓国

    [ 社説 ]「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ 他人の不幸や痛みの前で笑…
  8. 2018-2-18

    【酷い演説】活動家を前に安倍総理への暴言を繰り返す野党議員の面々

    杉尾秀哉「安倍総理は独裁者!政権の座から引きずり降ろせ!」 活動家達「そうだーーーー!…
  9. 2018-2-16

    【朝日社説】尖閣が日本固有領土でないととれる記事にネットが騒然「かなり露骨な反逆ぶり」「日本の新聞か」

    何処の国の新聞??? 朝日が社説においてまたおかしなことを言っている。 尖閣諸島が日本固有の領土…
  10. 2018-2-15

    【韓国五輪選手にサイバー攻撃】カナダ選手のSNSに大量の誹謗中傷「結果が受けいれられないなら今後国際大会をするな」

    率直にいいます。国際大会の場で選手に嫌がらせや誹謗中傷を与え不安や身の危険を感じさせるところで国際大…
ページ上部へ戻る