• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース
  • 渡辺秀央元参議院議員「日韓関係では日本側が韓国の数十倍、努力しなければならない」河野外務大臣「韓国の未来志向に逆行する動きを強く懸念している」

渡辺秀央元参議院議員「日韓関係では日本側が韓国の数十倍、努力しなければならない」河野外務大臣「韓国の未来志向に逆行する動きを強く懸念している」

日本と韓国の議員や財界人らで作る日韓協力委員会の総会が18日、ソウルで開かれ、いわゆる「徴用工」の問題などで冷え込んでいる日韓関係を修復すべきだと訴えました。

日韓協力委員会・渡辺秀央元参議院議員:「お互い前に向かって、あるいは次の世代に向かって進んでいくべく、条件、環境を整えていく」

日本側代表の渡辺元参議院議員は歴史問題を念頭に、「日韓関係では日本側が韓国の数十倍、努力しなければならない」と強調しました。総会では日韓それぞれが意見を述べ、河野外務大臣からの「韓国の未来志向に逆行する動きを強く懸念している」というメッセージも紹介されました。メンバーは19日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相を表敬訪問する予定です。http://news.livedoor.com/article/detail/15615406/


渡辺 秀央(わたなべ ひでお、1934年7月5日 – )は、日本の政治家。日本ミャンマー協会会長・理事長。

衆議院議員(6期)、参議院議員(2期)、内閣官房副長官(第3次中曽根内閣)、郵政大臣(第54代)、自由民主党全国組織委員長、改革クラブ代表、新党改革最高顧問などを歴任。

生年月日 1934年7月5日(84歳)
出生地 新潟県栃尾市(現:長岡市)
出身校 拓殖大学政経学部卒業
前職 議員秘書
所属政党 (自由民主党→)
(無所属→)
(新進党→)
(自由党→)
(民主党→)
(改革クラブ→)
新党改革
称号 旭日大綬章
経済学士(拓殖大学)


この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧