AKBのCD585枚投棄 容疑の男を書類送検 「処分困り」山に

福岡県警筑紫野署は16日、人気アイドルグループ「AKB48」のCD585枚を同県太宰府市の山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反容疑で同市に住む30代の会社員の男を福岡地検に書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。男は「アイドル総選挙で(CDに添付されていた)投票券を使った後、処分に困って捨てた」と容疑を認めているという。

書類送検容疑は6月中旬ごろ、AKB48のシングルCD計585枚を、太宰府市の山中に捨てた疑い。CDはすべて同種で、6月に沖縄県で開票イベントが行われた「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の投票券が抜き取られていた。

捜査関係者によると、大量のCDは5~6月、AKB48のファン仲間である千葉県在住の男性が購入。総選挙は、券に書かれているシリアルナンバーを専用サイトに打ち込んだ上で、好きなアイドルに投票するシステムで、男性から「ナンバー入力が間に合わない」と依頼された男は、九州在住のほかのファン仲間と協力。男性から郵送されてきた約千枚分(約100万円相当)の入力作業を福岡市内で終えた後、約600枚を自宅に持ち帰ったという。段ボール11箱分あり、一般のごみ処分は面倒で山に投棄したとみられる。

6月12日朝、山を散歩していた住民が見つけ、署に通報した。CDが入っていた段ボール箱に送り主である千葉在住の男性の名前や連絡先が書かれており、それを端緒に署は関係者を調べ、容疑者を割り出した。

 

■投票券目当て大量購入 ファン「選挙後も売れない」

ファンなのに、なぜCDを捨てるのか-。福岡市内のアイドルショップで働く20代女性は「AKB48のCDは総選挙のたびに大量生産され、中古品販売店での買い取り価格も安い。場合によっては買い取ってもらえないこともある」と背景を打ち明ける。

中古販売大手「ブックオフ」やDVDレンタル大手「ゲオ」では、盗品の転売防止などを理由に「(1人当たり)同一タイトル2点以上の買い取りはできない」としている。AKB総選挙のために多いときには1人で150枚のCDを買ったという福岡市の男性(24)は「投票後はCDを売ることもできず、大学のキャンパスで配ったこともある」と説明。「一体どれだけのCDが本当に聴かれているのか」と漏らす。

別のファンの女性(21)は「数年前から、アイドル選挙後に全国各地で大量のCDが捨てられているのがSNS(会員制交流サイト)上などにアップされ、ファンの間でも問題視されてきた」と打ち明ける。

2014年1月にも、アイドルとの握手券が付いた約680枚のCDを京都府内の駐車場に捨てたとして、廃棄物処理法違反容疑などで男子大学生ら6人が書類送検されている。福岡県警幹部は「お菓子のおまけのシール欲しさに菓子を捨てる子供が増えた過去の事例と似ている。不法投棄は許されないのはもちろん、モラル上の問題もあるのではないか」と話している。

=2017/10/17付 西日本新聞朝刊=

総選挙の裏にはこういった個人による大量購入による不正投票が多発しており以前から問題視されていましたが、千枚はちとやりすぎではと…

今後ファンのモラルが一層問われるのではないでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧