Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 中国政府の「ウイグル人の逮捕監禁洗脳」逃げたウイグル女性が辛い経験を訴えた 電気棒で拷問、薬を飲まされ、自殺の強要

中国政府の「ウイグル人の逮捕監禁洗脳」逃げたウイグル女性が辛い経験を訴えた 電気棒で拷問、薬を飲まされ、自殺の強要

中国政府が行ってる「ウイグル人の逮捕監禁洗脳」、監禁され逃げたウイグル女性が辛い経験を訴えた。再教育センターでは電気棒で拷問、薬を飲まされ、自殺の強要など日日上演してると語った。今のウイグル、チベット、明日の台湾にならないように、心よりお祈り致します

維族女揭發新疆再教育營酷刑 慘遭電擊、下藥

https://tw.appledaily.com/new/realtime/20181127/1474063/

記事によると

・新疆ウイグル自治区のウイグル人に対する中国の迫害に関する真実が再び明らかになった。 「再教育キャンプ」に拘束されたウイグル人女性は、キャンプ内で電気ショックや薬を受けたと言っていた。

彼女は、新疆再教育キャンプで殴られたり感電したり、未知の薬物を飲み込むよう求められたと言いました。

彼女が1月に暮らしていた刑務所は210人ほどいて、地下に建設されたセルだった。窓がなく、屋根には小さな通気孔があり、カメラはあらゆる面にあった。 彼女が入ると、約40人の女性、17歳から62歳の女性がいました。彼女はそれらの大部分を知っていて。 彼女の隣人、先生の娘、医者…多くの人が洗脳教育を受けていました。

・5時に起こされ、朝ごはん前に共産党の歌曲をほめる。「習近平は万歳です」などできない人は食事することができなくてなぐられなければいけない。

・彼女は外国に住んでいた経歴があり、それだけでスパイという容疑がかけられ、「自分がなぜここにいるのか?何か悪いことをしたのか?何が間違っているのか?」と自問自答を繰り返したようです。

SNSの反応

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧