【元徴用工訴訟】韓国最高裁 、三菱重工にも賠償命令⇐わかってはいた事だが…

10月の新日鉄住金に対する徴用工判決に続いて、今日、三菱重工業に損害賠償を求めた裁判が行われました。

韓国最高裁が三菱重工に賠償命令 元徴用工と挺身隊員訴訟 10月に続く日本企業の敗訴確定

韓国最高裁は29日、戦時中に徴用工として労働を強制されたと主張する韓国人と遺族が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の再上告審で、同社に賠償支払いを命じる判決を言い渡した。

最高裁は当時、朝鮮女子挺身(ていしん)隊員として労働を強いられたとする女性らが三菱重工を相手取った訴訟の判決でも同社に賠償を命じ、いずれも同社の敗訴が確定した。

日本政府は1965年の日韓請求権協定で個人請求権問題が解決済みとの立場だが、最高裁は10月30日に徴用に絡む別の訴訟で「強制動員被害者の請求権は協定の対象に含まれない」として新日鉄住金に賠償を命じる判決を確定したばかり。日本政府は10月の判決を日韓関係の「法的基盤を根本から覆すもの」(河野太郎外相)と批判しており、日韓関係へのさらなる悪影響は避けられない。

戦時労働に絡む訴訟は他にも12件あり、下級審で審理を再開する動きがみられ、今後も同様の判決が続く可能性が高い。

元徴用工の原告5人(いずれも故人)と遺族は、44年から広島の三菱重工の工場などで労働を強いられて被爆したとし、2000年に提訴した。1、2審は敗訴したが、最高裁が12年に個人請求権は協定で消滅していないと2審判決を破棄。13年の差し戻し審で釜山高裁は三菱重工に賠償を命じ、同社は上告した。

元挺身隊員の原告4人と遺族は1944年、名古屋の軍需工場に動員され、無賃金で重労働させられたとして2012年に提訴。1、2審とも三菱重工に賠償を命じ、同社が上告していた。

韓国政府は、日本側の強い反発に懸念を表明する一方、李洛淵(イ・ナギョン)首相を中心に対応策を協議しているが、いまだ方向性も明らかにしていない。

産経新聞 https://www.sankei.com/politics/news/181129/plt1811290005-n1.html

解っていた結果とはいえ、日本人としては到底納得できない判決であります。

前回の判決でも政府与党からは「国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れ、毅然(きぜん)と対応する。」という発言もあり、安倍総理からは「原告は徴用工ではない」、河野外務大臣からは「日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すもので、極めて遺憾だ。断じて受け入れられない」などといった政府要人からの強い批判の発言も飛び出しました。

韓国最高裁としては前回の徴用工判決で日本企業に賠償命令を出した以上、今回の判決を変えるわけにはいかないでしょうが、最近の一連の韓国との軋轢から、日本国民の沸点はとうに超えています。

ここ最近でおこった韓国との問題
・BTSの原爆Tシャツ関連問題(3.11溺れるプロモーション等)
・新日鉄住金への賠償命令
・TWICEの慰安婦Tシャツや原爆プロモーション
・韓国議員の竹島上陸
・日本海の「大和堆」で韓国警備艦が日本の漁船に操業中止要求
・慰安婦財団の解散による日韓合意の実質破棄
・韓国調査船が竹島周辺の日本領海に侵入、(11月で2回)
このほかにも、日本の憲法改正に対するデモなど、ほんの1~2カ月で様々な問題が浮かび上がってきています。

とても友好関係が気付ける状況ではありませんよね。

ここは(何かの記事でも言ったと思いますが)韓国との友好関係を一度白紙にして方がいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧