Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パナマ文書 を報道した女性記者、車が爆発して即死

【パナマ文書 取材記者を爆殺か】地中海の島国マルタで、「パナマ文書」報道に加わった女性ジャーナリストが車に仕掛けられた爆弾の爆発で死亡した。同国の首相周辺の汚職疑惑を追及してきたという。首相は捜査を約束。

パナマ文書報道の記者、車爆弾で殺害か 首相は捜査約束

欧州連合(EU)に加盟する地中海の島国マルタからの報道によると、同国で16日、政治家の腐敗告発で知られ、租税回避地をめぐる「パナマ文書」報道に加わった女性の調査報道ジャーナリスト、カルアナ・ガリチアさん(53)が車を運転中に爆弾が爆発、ガリチアさんは即死した。ムスカット首相は「我々の民主主義にとって暗い日となった」と述べ、徹底的な捜査を約束した。

ガリチアさんは中米パナマの法律事務所から流出したパナマ文書をもとに、ムスカット首相の妻らがパナマに会社を置き、アゼルバイジャン首脳に近い銀行から受け取った大金を隠していたとする疑惑を報道。ムスカット氏が潔白を主張して今年6月、前倒し総選挙に踏み切った経緯がある。

16日夕、ガリチアさんが車で自宅を出発した直後に爆弾が爆発。車は近くの畑まで吹き飛ばされたという。

ガリチアさんは複数のメディアで与野党を問わず政治家の腐敗を追及してきた。AP通信によると、ブログで疑惑を報道した野党政治家に名誉毀損(きそん)で訴訟を起こされた。(ウィーン=喜田尚)http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/16/panama-paper-malta-car-accident_a_23245454/

パナマ文書関連記事

パナマ文書で実態暴いた女性記者、ダフネ・カルアナガリチアさん殺害か …

パナマ文書に関するトピックス:朝日新聞デジタル

80カ国で数千億円、脱税の疑い パナマ文書もとに追跡

「パナマ文書」が1位 削除された中国のネット書き込み

#パナマ文書 hashtag on Twitter

パナマ文書(ぱなまぶんしょ)とは – コトバンク

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。