• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 辺野古移設反対派リーダー、二審も有罪 武田邦彦氏「BPOはニュース女子を倫理違反と判断し攻撃してきたが、高裁は番組内容を支持」

辺野古移設反対派リーダー、二審も有罪 武田邦彦氏「BPOはニュース女子を倫理違反と判断し攻撃してきたが、高裁は番組内容を支持」

反対派リーダー、二審も有罪

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に問われた反対派リーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治被告(66)の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)は13日、懲役2年、執行猶予3年とした一審那覇地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

弁護側は、辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事用車両出入り口付近にブロックを積み上げた行為について「抗議の意思を示した。表現の自由の範囲内で、威力業務妨害罪の適用は違憲だ」と主張。有刺鉄線をペンチで切った器物損壊罪を除き、無罪を求めていた。

引用元 共同通信 反対派リーダー、二審も有罪

DAPPIさんのツイート

武田邦彦「BPOはニュース女子を倫理違反と判断し攻撃してきたが沖縄の暴力的な反対運動は二審で有罪判決となった。BPOは判断を撤回し解散すべき。事実を伝えたのにBPOが犯罪側に加担するのはあり得ない。BPOはニュース女子をバッシングしたが高裁は番組内容を支持」

その通り!
BPOは責任をとるべき

【DHC】12/14(金)武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】

BPOとニュース女子

問題となったのは、沖縄の米軍基地反対運動を取り上げた昨年1月2日放送の「ニュース女子」だった。沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動の特集で、VTRで「(運動参加者が)日当を貰ってる!?」などと表現、反対派による救急車の運行妨害などを伝えた。

これについて、BPOの放送倫理検証委員会は昨年12月、事実に基づかないとして「重大な放送倫理違反があった」との意見書を公表した。また、3月8日には、BPOの放送人権委員会が、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表について「基地反対運動の黒幕」と受け取れる内容になっていたとして、名誉を毀損(きそん)する人権侵害があったと認定した。

引用元 産経新聞 「BPOは正気か」ニュース女子騒動、DHC会長が衝撃の反論手記

つまり、BPOは犯罪者の擁護をしていたということです。

BPOとは

BPO | 放送倫理・番組向上機構 

放送倫理・番組向上機構(ほうそうりんり・ばんぐみこうじょうきこう、英: Broadcasting Ethics & Program Improvement Organization, BPO)は、日本放送協会(NHK)や日本民間放送連盟(民放連)とその加盟会員各社によって出資、組織された任意団体である。理事会、評議員会、事務局と3つの委員会(放送倫理検証委員会、放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)、放送と青少年に関する委員会(青少年委員会))によって構成されている。

引用元 Wikipedia 放送倫理・番組向上機構

放送倫理を司るBPOが犯した大失態。しかし、メディアはこのことを報じていません。メディアもBPO側だからです。

上念司氏はこう語ります

新聞には嘘しか書いてない。まさに、このフェイクニュースを見てそう思った。

『昨年1月に沖縄の米軍基地反対運動について伝えた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の「ニュース女子」に批判が出ていた問題で、MXが番組の放送を今春に終えることを決めた。事実上、放送を打ち切ることになる。関係者が朝日新聞の取材に明らかにした。 朝日新聞 2018年3月1日』

まるで『ニュース女子』という番組が打ち切りになるかのような書きっぷりだ。しかし、事実は全く違う。もともと、『ニュース女子』はDHCテレビが制作し、全国の地上局に販売、再送信されているコンテンツだ。東京MXテレビはその数ある地方局の1つであって全部ではない。MXでの再送信が終わることと、番組そのものが終わることは全くの別問題だ。

私は出演者の一人だが、4月以降の収録スケジュールも出ている。また、制作会社からの説明によればネットや他の地方局での放送も続くとのことである。

数秒で裏が取れる話をなぜわざわざミスリードするような書き方で記事にしたのか。それほど、この番組で取り上げた沖縄に関する放送内容が、彼らにとっては痛撃だったのだろう。

例えば、地元の穏健な反対運動が県外や海外からの活動家によって過激な方向に引きずられているという指摘がある。放送倫理・番組向上機構(BPO)からの指摘を受けて『ニュース女子』が作成した検証番組には、当初の主張の裏付けとして過激な反対運動の様子を撮影した動画が紹介されている。

防衛省職員の周りを取り囲み、顔写真を無理やり撮影している様子が映っている。撮影した顔写真を元に個人情報を特定し、横断幕などに晒(さら)すそうだ。極めて卑劣な行為であると言わざるを得ない。これらの行為を行っていたのが沖縄平和運動センター議長の山城博治氏だ。彼は防衛省職員にけがを負わせた件など4つの罪で逮捕、起訴されている。これ以外にも活動家に資金援助があるとか、抗議活動によって救急車の通行に支障が出るなどの問題を指摘されたことが気に入らなかったのだろう。

SNSの反応

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧