【中国】習近平主席 新年の挨拶で国民に「外国に頼らない発展」を強調するも…

 中国の習近平国家主席は国民に向けた新年のあいさつで建国70年を祝うとともに、アメリカとの貿易摩擦などを念頭に外国に頼らない発展をアピールしました。

中国・習近平国家主席:「これまでの道のりでは中国人民が自力更生して、忍耐強く奮闘し、世界から注目された『中国の奇跡』を創り上げました」

習主席は演説の冒頭で中国の技術力に触れ、2隻目の空母の建造などを挙げてアメリカとの技術覇権争いで一歩も引かない姿勢をにじませました。また、アメリカとの貿易摩擦により景気の減速傾向が強まっていることを念頭に、企業への減税措置を取るとしました。

引用元 新年あいさつで習主席 「外国に頼らない発展」強調

国民に向けてはこのように語っていますが

 中国とアメリカは、国交を樹立して今年1月1日でちょうど40年になります。習近平国家主席とトランプ大統領は、国交樹立40周年を祝うメッセージを取り交わしました。

習主席はメッセージで、「国交の樹立から40年、両国関係は風雨に耐え、歴史的な進展を遂げ、両国人民に多大な利益をもたらし、世界の平和・安定・繁栄にも重要な役割を果たしてきた。歴史が十分に証明するように、協力は双方にとって最善の選択である」としました。さらに、「現在の両国関係は重要な段階にあり、われわれは中米関係の発展を非常に重視している。大統領と共に両国関係発展の経験を総括しながら、われわれ2人の合意事項を着実に実施し、協調・協力・安定を基調とした中米関係を発展させ、両国人民や世界各国の人々により多くの福祉をもたらすよう願う」と示しました。

これに対し、トランプ大統領はメッセージで、「長年にわたり両国関係は大きな進展を遂げており、協力し建設的な米中関係を発展させることは私個人の優先事項である。われわれの力強い友情は、両国関係がこれから大きな成果を上げるための強固な基礎を固めるだろう」としました。

引用元 中米首脳、国交樹立40周年を祝う

対外的にはこのように発言しています。

新年から面白いですね。

これこそ「表と裏」ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧