【辺野古埋立て】沖縄県水産課「(絶滅危惧種の)移植の事実はある」では、玉城知事の「現実はそうなっておりません」発言は嘘?

辺野古埋め立て予定地に生息しているサンゴなどを移植したという安倍総理の発言に、ネット上では「聞いたことない」「総理は嘘をついている」といった発言が飛び交っていて玉城デニー沖縄県知事もSNSで否定しておりました。

しかし、J-CASTニュースが取材で移植の事実があるという確認をしました。

沖縄県の水産課は1月7日、J-CASTニュースの取材に対し、絶滅危惧種になっているオキナワハマサンゴについては移植の事実はあると答えた。

その説明によると、国の沖縄防衛局が埋め立て予定地で9群体を確認しており、県が2018年7月13日に特別採捕許可を出し、7月末ごろに近隣の同様な環境にある海に移植された。許可の条件とされた週2回のモニタリング調査も行われており、最新となる12月25日の調査では、9群体とも生息しているとする写真などでの報告が県にあった。

埋め立て予定地には、ほかに大小のサンゴ約7万4000群体があると防衛局の調査が出ているが、これらはすべて、現在埋め立てしている辺野古地区ではなく、岬の反対側の大浦湾地区にあるという。

このうち約4万群体について、県は9月3日、埋め立て承認の撤回で必要性がなくなったと国の申請を不許可にしている。これに対し、防衛局が12月6日に再申請して、19年1月7日現在も審査中だ。

その意味では、埋め立て予定地のすべてでサンゴの移植が終わったわけではない。

沖縄防衛局の広報担当者は7日、安倍首相がウソを言っているというのは誤解があり、埋め立てしている辺野古地区については、発言の内容に間違いはないと取材に説明した。

なお、辺野古の砂浜には、巻貝や二枚貝に絶滅危惧種があり、それらは熊手などで砂ごとすくって近隣の砂浜に移動させたとしている。

引用元 J-CASTニュース 「辺野古のサンゴ」は本当に移植されたのか 安倍首相発言の真偽、地元に聞いた

ということであります。

安倍総理の発言についてはSNSで「嘘をついている」といった意見も多く、玉城デニー沖縄県知事もそういった意見に同調して否定していました。

安倍総理…。 それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです。

「現実はそうなっておりません」と、移植はなされていないというように受け取れる発言をしています。

しかし、事実確認を取ったのは国でなく沖縄県の水産課であります。県が事実確認を取っているのに知事がそれを否定するというのはどういった事でしょう?

沖縄防衛局も安倍総理の発言を肯定していますし、移植はされていると思います。

だとすると問題は玉城知事の発言であります。移植のことを知っていたにもかかわらず安倍総理憎さのあまり嘘をついたのか?本当に知らされていなかったのか?

どちらにしても大いに問題はありますね。

嘘つきならば言うまでもありませんが、沖縄県知事として知らなかったでは済まされません。いや、知らなかったわけがありません。

もし、知らないというのであれば知事としての仕事をしていないということです。

即刻辞任願いたい。

それよりもやるべきことはやっている政府ですが、問題はこれらのサンゴたちが今後も無事に生存してくれるかどうかでありますが、移植によりサンゴたちが死滅してしまえばそれはそれで批判のタネになります。

そう考えると、あまり考えたくないことではありますが、反対派の心ない人たちが移植したサンゴなどに何かしらの手を加え死滅に追いやることも無きにしも非ずです。

安倍総理を貶めることや、基地移設を阻止するためなら何をするかわからない人がいますから。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧