小川一・毎日新聞取締役がネット住民をロリコン凶悪犯と同一視した過去

以前政治知新でも取り上げた、毎日新聞のお騒がせ取締役、小川一氏。毎日新聞が中国のプロパガンダに「印刷、配布には協力」していることを認めたことは記憶に新しい。だが、小川氏は、過去にも大失言をやらかしていることがわかった。

小川氏は、ネット社会について2008年6月17日の夕刊で「ネット住民は、連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤と同じ病」だと評し、アニメのビデオに囲まれると宮崎勤と同じようになると示唆していたのである。今回、ここに復刻し、小川氏の異常な思考回路を記事に沿って論評する。

①宮崎勤と秋葉原殺傷事件の犯人は同じ!?

宮崎勤死刑囚は、26歳の時に警視庁に逮捕された。秋葉原17人殺傷事件の加藤智大容疑者は25歳。死刑執行の一報を聞いた時、20年近い歳月をはさんだ同世代の2人が重なり合って見えた。
引用元 連続幼女誘拐殺人:宮崎死刑囚・刑執行 増殖する時代の病=社会部長・小川一 (毎日新聞夕刊、2008年6月17日)

まず、秋葉原連続殺傷事件の犯人と、連続幼女誘拐殺人事件を起こした宮崎勤を同列に比較するのは、大きな誤りである。秋葉原の事件を比較するのならば、大量殺人事件の連合赤軍事件やオウム事件と比較するべきだ。また、宮崎勤を比較するのであれば、同様の性的異常者の事件である酒鬼薔薇聖斗事件等と比較するべき。

だいたい、45歳の宮崎勤と25歳の秋葉原事件の犯人は同世代ではない。むしろ当時50歳の小川氏の方が宮崎勤と同世代だ。

また、秋葉原事件の犯人の弟はマスコミのバッシングによって、就職や結婚に何度も挫折し、追い込まれ、最終的に自殺した。こうした小川氏の無責任な報道も一因だったことは否定できない。小川氏はどう責任を取るか、回答してほしい。

②ガンダムを見ると、現実が判らなくなる!?

私は当時、警視庁担当の記者として宮崎死刑囚の事件を追っていた。アニメやホラーなどの膨大な数のビデオが積まれた部屋。その中で行われた殺害幼女のビデオ撮影。「今田勇子」を名乗って被害者宅に犯行声明を郵送、遺骨も届ける異様な行為。仮想空間と現実の境が消えたとしか思えない驚異の犯罪の出現に、誇張ではなく体が震えた。
引用元 連続幼女誘拐殺人:宮崎死刑囚・刑執行 増殖する時代の病=社会部長・小川一 (毎日新聞夕刊、2008年6月17日)

アニメやホラーなどのビデオが積まれていれば、仮想空間と現実の境は消えるというのが小川氏の主張。失笑でしかない。

宮崎勤が事件を起こした1988年のアニメやホラーは何があったか、見てみよう。

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(1988年の日本を代表するアニメ映画)

「ビートルジュース」(1988年を代表するホラー映画)

たしかに「逆襲のシャア」はガンダム作品を代表する傑作だ。シャア大佐の私設軍隊が、地球に住む特権階級を隕石落としによって粛清しようとする内容だが、これを見て、仮想現実と現実の区別がつかず、小惑星を地球に落とそうとした視聴者は現在に至るまでいない。ビートルジュースも同様だ。

また、当時のゲームは、ファミコン全盛であり、これのどこが仮想現実なのか?
「1988 ゲーム」の画像検索結果
上記のゲームは、1988年発売だが、これを「仮想現実」と評価するのは無理がある。こんなので現実との境目がわからなくなると主張すれば、VR開発者が聞けば激怒するのは間違いない。要するに、小川氏は、アニメやゲームが大嫌いであり、差別しているのだ。

③ネット住民は、連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤と同じ病!?

ほどなくインターネットが登場し、ネット社会という無限の仮想空間が新たに出来上がる。宮崎死刑囚が社会に見せつけた時代の病は、さらに増殖を続けている。現実と仮想の境が見えず、現実感覚を失った事件がいま、不幸にも各地で続発している。

秋葉原殺傷事件の加藤容疑者は携帯サイトにひとり書き込みを続けていた。その姿と自室でビデオ鑑賞にふける宮崎死刑囚が私には二重写しになる。もし、当時、ネットがあれば、宮崎死刑囚はどんな書き込みをしたのだろうか。
引用元 連続幼女誘拐殺人:宮崎死刑囚・刑執行 増殖する時代の病=社会部長・小川一 (毎日新聞夕刊、2008年6月17日)

小川氏の妄想は続く。インターネットにより、ネット社会という仮想空間が新しく出来上がり、宮崎勤と同様の病が広がっていると主張。ネット住民を宮崎勤扱いするとは恐れ入る。

しかも、「凶悪犯罪が続発している」と主張するが、実際の殺人事件の統計を見ればフェイクニュースなのは一目瞭然。一貫して、減少を続けている。小川氏の若かりし頃の方が、凶悪犯罪が多発していたのだ。

仲間と互いに顔を見ながら、笑い、怒り、泣く。体を触れ合って愛情を確かめ、心を通わせる。そんな当たり前のことが難しくなった孤独な時代に、私たちは生きている。命の重みを見失ってしまったかに見えた宮崎死刑囚は、どんな思いで死に赴いたのか、それが気になってならない。
引用元 連続幼女誘拐殺人:宮崎死刑囚・刑執行 増殖する時代の病=社会部長・小川一 (毎日新聞夕刊、2008年6月17日)

最後に小川氏は、こう締めくくっている。ネット時代は孤独な時代だそうだ。当時のEメール、現在のLineがそうであるように、ネットによって、さまざまな人々とコミュニケーションができるようになった。小川氏は単なる世の中の流れについていけず、メル友もいない、家族も相手にしてくれない孤独な中年なのに、それを社会のせいにしていたのである。

・小川一氏の偏見を立憲民主党も共有?

まったくとんでもない人間が、当時の毎日新聞の社会部長であり、いまや取締役にまで出世している。

小川氏の記事は、当時も激しい批判を受けた。漫画評論家の伊藤剛氏は、『アキハバラ発』とする共著で、小川氏の記事を強く批判し、「宮崎事件以降、何も学んでこなかった」「いま、現実を見ようとしていない者は誰か。最も愚かな者は誰なのか。答えは既に出ている」とまで断じた。伊藤氏は、その後も、同様の主張を繰り返す小川氏にTwitter上で呼びかけたが、10年以上経た現在も小川氏はダンマリである。

こうしたオタク差別、ネット住民差別は野党では珍しくない。民進党から公認を受けて、都議選挙に出馬した、青地真美氏は漫画やアニメに欲情するロリコンオタクを「殺す」などと公言し、炎上した。

その後、青地氏は、立憲民主党最高顧問の海江田万里議員との写真と共に、「立憲民主党の一員として頑張ります」と発言している。

最近のリベラル派は、ネット住民やオタクやアニメを差別することが大好きである。一方、安倍総理は「初音ミク」を世界に発信し、また自民党の小野田紀美議員はゲームオタクを称している。
「安倍総理 初音ミク」の画像検索結果「小野田議員」の画像検索結果

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧