<独自見解>日本で政治家不適格者No.1は?

国民の皆さんにとって、政治家にとって許せない行動は何か?

政策立案すらできない議員?W不倫する議員?はたまた政治会合を「おばちゃんパブ」でやるような議員?

どれもこれも、許せる行為ではない。だが日本人として最も許せないものがある。

①日本の国益よりも、他国の利益を優先する

②犯罪者(もしくは犯罪者と蜜月関係)

この2つの行為は、政治家としては論外。あり得ない。しかし、現職の議員にこれら2つとも当てはまる議員がいる。それが立憲民主党の辻元清美議員だ。そして、この辻元議員について、驚愕すべき報道が飛び込んできた。

なんと韓国籍の人物から献金をもらっていたのである。
辻元氏は、うっかりミスと逃げを打っているが、これがうっかりでないことは明白だ。

 このA氏について調べると、大阪弁護士会所属だった。所属事務所のHPを見ると、所属団体として「在日コリアン弁護士協会」「世界韓人弁護士協会」「NPO法人コリア人権生活協会」などと記されていた。
A氏は4日、夕刊フジの取材に、自らが韓国籍(在日3世)と認めたうえで、「辻元氏と名刺交換して、応援しようと献金した。政治資金規正法に抵触するとの認識はなかった」と説明した。
引用元 立民・辻元清美氏、韓国籍弁護士から「外国人献金」(2019年2月6日)

前原議員他の前例もあるので、気を付けてしかるべきである。

この韓国籍の弁護士は、在日韓国人の団体に多数参加しているとHPで明らかにしている人物。「政治資金規正法に抵触するとの認識はなかった」と釈明しているが、これはおかしな話。法律のプロである弁護士が、政治資金規正法で外国籍の献金が禁止されているのかを知らないはずはない。そもそも、外国籍からの献金が容認されている国などほとんどなく、許されないことは法律の専門家でなくても容易に想像はつく。

このように辻元氏をめぐる疑惑が新たなステージへと進みつつある中、今一度、彼女の疑惑を振り返ろう。

●ヤクザも驚愕する「38人」の逮捕者を輩出した「関西生コン」

滋賀県内の工場増築工事の生コンクリート調達をめぐり、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部=大阪市西区)の関係者らが商社支店長を脅したとされる事件で、滋賀県警は5日、生コン供給契約を要求し工事現場などで嫌がらせ行為を重ねたとして、恐喝未遂容疑で支部員12人を逮捕、3人を再逮捕した。

逮捕されたのは、別の威力業務妨害事件で起訴されている同支部執行委員の萱原成樹被告(53)=京都市右京区=ら3被告と、組合員12人の計15人。県警は、組合幹部からの指示があったとみて調べている。

逮捕容疑は2017年3~7月、工事で使用する生コン供給契約を組合提携業者と結ぶよう、大阪市の商社支店長に要求したが断られたため、工場増築工事現場や親会社が請け負っていた、京都府内の道路建設現場で「ダンプの車検証のステッカーが見えない」と繰り返し指摘し、工事の進行を妨害するなどした疑い。
引用元 嫌がらせ行為を重ね…関西生コン、今度は15人逮捕(2019年2月6日)

立憲民主党の辻元清美議員の今ホットな疑惑は、組織犯罪集団の関西生コンと蜜月な関係を築いていたことである。
政治資金問題報道と同日、この生コン問題でも大きな動きがあった。さらに12人が逮捕され、これまでの26人に加えて、逮捕者は38人に達した。

ここまでくるとオウム事件の個別案件だけでなく、合計の逮捕人数すら超える勢いである。この関西生コンとは、どのような団体か。

・生コン事件とは?

ジャーナリストの須田慎一郎氏がラジオ番組で行った解説を見てみよう。まず、生コン事件の利益構造についてである。

須田)組合員は労働争議を起こすのです。そこへ行って団体交渉を要求して、出て行こうとしているコンクリートミキサー車を実力で止める。これは意外に知られていないのですが、生コンの寿命は90分で、すごく短いのです。だから、現場近くに作る工場がないと間に合わず、中小業者が多い。それを妨害されると会社としては困ってしまうのです。
(中略)
須田)協同組合に入ると、生コンを業者が売るたびに1立方メートルにつき、数百円の上納金を払わなければいけないのです。だから、言ってみれば労働組合とは名乗っていますが、実態上は暴力団組織と変わりません。だから組対課が動いたのですよ。
「辻元 生コン」の画像検索結果
出典元 関西生コン事件~逮捕されたのは立憲民主党・辻元清美議員と親密な人物

やっていることは、まさにやくざの振る舞い。無理難題を吹っ掛け、妨害し、上納金を貪るやり口は暴力団と変わらない。

・逮捕された武健一氏と辻元清美氏との親しい関係

そして、この暴力団紛いの労働組合から、密接な関係を結び、政治献金を受け取っていたのが、辻元清美議員である。

須田)法を逸脱した暴力団紛いの労働組合から、非常に親密な関係を結んで政治献金を受け取っていた国会議員がいることです。その最右翼にいるとされているのが立憲民主党の辻元清美さんです。彼女は確認できた段階でも昨年の旗開き、つまり新年の仕事始めに行き、満面の笑みで挨拶して、捕まった武建一被告については「大阪のお父ちゃん」と呼んでいる、親しい状況です。もう1つは、暴力団とのつながりです。

飯田)暴力団ともつながりが?

須田)いや、かなり疑われてはいるのですが、先述した労働組合運動活動をしてお金を集めた資金がどこに使われたかについて、決算報告書がまったく支離滅裂で、監査不能に陥っています。公認会計士を入れて監査していますが、監査不能とか、そういう結論しか出ていない。だから国税がこの辺にはちゃんとメスを入れないとダメだと思います。「その辺の金が暴力団に動いているのでは?」という疑惑がある以上、キチンと決算・監査をやるべきです。場合によっては政界にも流れている可能性があります。
出典元 関西生コン事件~逮捕されたのは立憲民主党・辻元清美議員と親密な人物

武健一被告のことを「大阪のお父ちゃん」と呼んでおり、「舎弟関係」すら想像させる。そして、ジャーナリストの須田慎一郎氏によれば、本物の暴力団との関係すら疑惑として持ち上がっているという。

だが、辻元議員との関係はおろか、武健一逮捕すら、ほとんど報じない大手メディア。だが、真の問題は辻元清美氏の深い闇の関係である。ネットでも以下の図が拡散されている。

「生コン 関係図」の画像検索結果
しかし、それでもメディアは、だんまりを決め込む。それが今の日本のメディアの実態だ。公共放送の定義はどうなっているのか。

そして、忘れている方も多いが、辻元議員は秘書給与流用事件で実刑判決を受けた「前科者」である。ポケモンならぬゼンカモンだ。

日本で、政治家不適格者No.1は辻元議員をおいて他にはいない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧