何故か広島市から立候補した塩村あやか大敗。

広島3区から立候補していた元都議会議員の塩村あやか候補が落選した。

広島3区で無所属新人の塩村文夏氏は自民前職の河井克行氏に敗れた。塩村氏は立憲、共産、社民のほか連合広島から支援を受けたが、及ばなかった。塩村氏は東京都議時代、本会議でセクハラ発言を受けたことがニュースとなり、全国的に名前が知られた。 10月22日 毎日新聞

塩村あやかは広島県福山市出身であったが、地元の悪評を避けて今回は広島市を中心とする広島3区から立候補していたが、票は伸びず、落選することとなった。

広島県内では唯一、反体制派で協力した選挙区だったにも関わらず大差で負けたことは、大きな意味合いを今後持つように思える。

twitterでも反応が

広島の地方局で今後キャスターでもやるのでしょうか?変更も甚だしいですね。

やっぱり一番響いたのは塩村自身の過去の様々な言動のようですね。他人の言動で有名になったが、自分の過去の言動にも追い込まれ大敗する結果となったようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧