岡田克也「悪夢のような民主党政権と言ったな!撤回しろ」野党「ギャーギャー」

立憲民主党・無所属フォーラムの岡田克也衆院議員は12日、10日の自民党大会の総裁演説で民主党政権時代を「悪夢」と表現し、撤回を拒否した安倍晋三首相について「小さな首相だ」と批判した。12日の衆院予算委員会での質疑後、国会内で記者団に述べた。

発言のタイミングについて「普通なら予算審議をやっているときに言わない。おごり、高ぶりではないか」と分析した。

同時に「民主主義を深めるために議論が成り立つようにすべきだ。頭から否定したのでは国会の論議が劣化してしまう。歴代首相でまともに答えない首相は初めてで、反省してきちんと答えてほしい」とも注文を付けた。

引用元 産経新聞

岡田氏は、民主党政権時代に副総理や外相などの要職を歴任しており、本日12日の衆院予算委の質疑で、首相の党大会での発言を撤回するよう求めたが、その主張には無理がある。

なぜなら安倍総理の発言した「悪夢」という言葉は、国民も激しく同意するものだからだ。


Twitterの声



普段は平気な顔で嘘をつき、デマを吐く野党議員。しかし自身の事を悪く言われると、騒ぎ立てる。政治家としてもそうだが、大人として恥ずかしいことに、いい加減気付いてもらいたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧