【産経・FNN合同世論調査】韓国国会議長の発言「撤回すべき」82%

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。韓国の文喜相国会議長が「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言し、天皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と評したことについて、発言を撤回すべきだとの回答が82・7%に達した。

慰安婦問題が収まらないのは「韓国側」「あえて言えば韓国側」に問題があると答えたのが67・7%に上った。「両国ともに問題がある」は26・7%で、「日本側」「あえて言えば日本側」は3・7%だった。韓国を「信頼できない」との回答は77・2%、「信頼できる」は13・9%にとどまった。

出典元 産経新聞

この結果を見ると国民が、韓国の異常さに気づいてきたことが分かる。


ネットの反応


〈関連記事〉

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧