玉木雄一郎「旧民主党政権が嫌われたのはケンカ別れしたから。仲直りしたらもう一度政権を担える」

(旧民主党の政権は)先進的に政策課題を提案したし、その先鞭(せんべん)を付けた意味ではあの政権交代に意味がある。ただ問題は、バラバラになって何かあったらすぐケンカして別れたことに、国民は嫌気がさしていたと思う。今もその人たちが別れたまま。これが嫌気の原因だと思う。

だから、仲直りのストーリーをきちんと見せていかない限りは、あの時政権交代を経験した(先輩議員の)人たちが元に戻る資格はない。反省して、仲直りできるんだっていう能力を見せて初めてもう一度、あの時の人たちが責任を担う資格を与えられる。それができないんだったら、総入れ替えしかないと思います。

出典元 「ケンカ別れの民主政権、仲直りして初めて資格」玉木氏

国民民主党・玉木雄一郎代表のこの発言に対して、ネット上では、的外れな玉木議員に非難の声が集まっている。

この的外れな分析が、国民のさらなる怒りを買ってるんではないだろうか?


この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧