人民日報が称賛する御用学者~「洗脳日本兵団体」率いる松村高夫氏

中国共産党の機関紙・人民日報が“日本の良心”として引用し、中国で洗脳された「旧日本兵」団体の幹部を務め、日本の戦争責任追及に熱心な人物がいる。あの香山リカも師事している、慶応大学名誉教授の松村高夫氏である。

あの人民日報が“日本の良心”として引用

日本各地の民衆100人近くが2月28日午後、東京に集まり、ドキュメンタリー「埋もれた細菌戦調査書~中国特別軍事法廷」を見た。1995年に中国遼寧省公文書館の公開した731部隊に関する大量の資料に基づき、同年NHKが制作したものだ。

慶應大学名誉教授の松村高夫氏は人民日報の記者に「1995年制作の番組だが、現在見ても大変有意義だ。兒嶋教授は講演で日本の戦争責任問題が現在の日本にとっても重大な現実的意義を持つことに言及した。本日の活動は大変成功したと言える」

引用元 日本の市民団体が731部隊関連のドキュメンタリーを上映

731部隊のドキュメンタリーの上映会についての記事。人民日報は、松村氏のコメントを引用している。

100人にも満たないちっぽけでマニアックなイベントの、どこをどう見れば現実的意義を持ち、大成功したと評価できるのか理解に苦しむ。が、松村氏がもっともらしい肩書で、もっともらしいことを言うので、人民日報の記事とこの集会のプロパガンダに一役買うことになっている。

松村氏は、中国の洗脳日本兵部隊「中帰連」幹部!

松村高夫氏は、NPO中帰連平和記念館理事長も務めている。このNPOは『中帰連』の後継団体の一つだ。『中帰連』とは正式名称を『中国帰還者連絡会』といい、中国の撫順戦犯管理所で洗脳されてきた日本兵捕虜が結成した団体である。

彼らは終戦直後にソ連から中国に引き渡され、処刑に怯えていた。しかし、中国側は「看守たちが1日2食のコウリャン飯しか食べられない時代に、彼らは暖房も効いた充実した設備に1日3度の白米や肉野菜を与え」、各種医療と暇な時間を与えた。

半年もすると、捕虜たちは中国人に尊敬の念を抱き始めた。そこに、『蟹工船』などのマルクス主義文学、毛沢東の書籍や日本語訳されたマルクスの書籍を与えた。暇人かつ中国人に感謝していた彼らは、熱心に勉強し、共同学習会などを盛んに行う。

そして、最終的には中国人の立会いの下、仲間同士での糾弾会を実施し、中国人が認めるまで、相互批判を続け、数々の大虐殺などの『罪状』を創作・告白していった。(参考記事)もろに自己啓発セミナーの洗脳システムそのものである。実際、周恩来は「思想面から教育と改造をおこなうこと」と洗脳せよと指令をしている。

中帰連の一人、近藤一さん。「偉大な中国」という考えを持つことが普通だそうだ・・・

彼らは帰国後、「天皇の命令によって行った自分たちの戦争責任を反省し、天皇の戦争責任を追及する義務がある」との使命感に燃え、『中帰連』を結成。戦後一貫して、偉大な中国の為に、日本の戦争犯罪を追及し、また、多くの捏造創作証言を繰り返し、再軍備を妨害し続けてきた。

このような集団の後継団体のトップである松村氏が、どのような立ち位置の人物かよくわかる。

NPO中帰連平和記念館は中国国営メディアと連携し、日本の戦争犯罪を発信!

中国国営メディアのCCTV、そして、人民日報の国際版の『環球時報』他が来館し、取材した。そして、それを事業の成果として誇らしげに書いている。こうした団体を率いているのが松村氏である。

松村氏は中帰連と同様、中国の意のままに洗脳され、完全に中国人と化している。

主たる事務所の所在地のGoogle Mapは不審なあばら家

しかも、登記上の住所を見れば、このありさま。不審なあばら家で怪しすぎる。

香山リカ・赤旗とは大の仲良し

松村氏の国内の交友関係も香ばしい。香山リカ氏とは731部隊を研究する「『戦争と医の倫理』の検証を進める会」の幹部同士だ。

また、公安監視団体の日本共産党の機関紙『しんぶん赤旗』にも登場。731部隊と加計学園を結びつける、無茶苦茶な主張を延々と行っている。

ここまでくれば松村高夫氏の正体は明らか。
中国の為に、日本共産党や香山リカと手を組み、真偽不明の日本の戦争犯罪発掘・拡散にいそしむ御用学者だ。

今後とも要注意である。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧