南彰の望月衣塑子に捧げるデモ、人が集まらず大失敗!(参加者200人にも届かず)

昨日、新聞労連を率いる南彰が9つの労働組合を動員し、望月衣塑子の為に官邸前デモを実施した。

デモの実施日は、きしくも3月14日のホワイトデー。きっと、南氏はデモを大成功に導き、望月記者に捧げようとしたに違いない。

新聞労連の南彰委員長が、ツイッターでデモ告知!

新聞記者がデモとは失笑。「首相官邸の質問制限問題」と、御大層なことを言っている。が、動員された戦力は日本マスコミ文化情報労組会議に所属する、新聞労連を含む9つの労働組合!

日本新聞労働組合連合(新聞労連)(27000人)
映画演劇関連産業労組共闘会議(映演共闘)(1400人)
全国印刷出版産業労働組合総連合会(全印総連)(3459人)
全国広告関連労働組合協議会(広告労協)(5807人)
日本民間放送労働組合連合会(民放労連)(8849人)
日本音楽家ユニオン(音楽ユニオン)(5511人)
日本出版労働組合連合会(出版労連)(5024人)
電算機関連労働組合協議会(電算労)(1669人)
映画演劇労働組合連合会(映演労連)(185人)

新聞労連だけでも所属は約27000名を数える。九つの労組の所属人数は、58904人!

そのトップである南彰が呼びかけたのだから、きっと官邸前は凄いことになっていたに違いない。きっと万単位の参加者に違いない。1割が参加したとしても6000人規模のデモだ!

た、大変だ!安倍政権が危ない!(棒)

ということで見に行ってみた。

●南記者が、望月記者に捧げた、3.14ホワイトデーデモは大失敗

その結果は、哀れなものだった。

デモに集まった人数は、多く見積もっても200人。

参加者がまばらな昨日の南彰のデモ。

9つの労働組合が主催し、さんざん南彰がツイッターでも告知して、呼びかけた。

だが、南彰の呼びかけに応じたのは200人以下。

労組だけでも動員率0.3%。

あまりにも少ないデモ参加者・・・

南彰のFacebookの友人だけでも717人はいる。

しかし、実際は200人以下。

今やほとんど廃れた、首都圏反原発連合による定例の金曜官邸前抗議ですら「600人」程度は集まっている。(参考

しかし、あれだけ大宣伝し、話題になっている望月衣塑子を救うためのデモなのに200人以下の参加者。

サンゴの移植反対やら関係ない主張の連中をかき集めても、これが精一杯。

あれだけ大騒ぎして、どや顔で呼びかけ、6万人に近い所属人数の労働組合を動員してこれでは大失敗だ。

安倍政権には何の影響もないどころか、今後、200人をネタにされることは間違いない。

何故、200人以下しか集まらなかったのか?

理由①南彰の人望のなさ

やはりこの点だ。今回のデモは、南彰の、南彰による、望月の為のホワイトデー・デモだった。

付き合ってられないよ、というのが本音だろう。朝日新聞東京本社だって、3000人以上の人間が勤務している。

だが、ほとんど参加しなかった。安倍政権に絶好のダメージを与えるチャンスなのに。デモの一応の名目は新聞記者の権利を守るためなのに。
南彰が出身母体の朝日新聞社内からも見捨てられていることがよくわかる。

もう一つは、南彰の労働組合トップとしてふさわしくない振る舞いの数々だ。

過去に「南彰・新聞労連委員長の贅沢三昧と問題だらけの取材方法」でも紹介したように、南彰は労働組合のトップであるにもかかわらず、インスタグラムで万単位の値段の料理店でのグルメ三昧を自慢していた。政治知新が指摘して以降、南は自慢はしなくなったが、とてもこのような高級店に行けない、多くの組合員の反発を買ったのは間違いない。

また、「新聞労連・南彰は新聞業界の労働者の問題よりも望月衣塑子がお好き」でも指摘したように、南彰は組合員の為にデモを主催しないくせに、お気に入りの望月衣塑子の為にはデモをホワイトデーに大々的にやる。労働組合の私物化以外の何物ではない。「あほくさい」という感想を多くの組合員は抱いたに違いない。

理由②望月衣塑子はリベラルや左翼からも相手にされていない

第二の理由は、多くのマスコミ記者はもちろんのこと、リベラルや左翼陣営からすら望月衣塑子は否定的に見られているということだ。

もし東京のテレビ・新聞・週刊誌記者が結集すれば、少なくとも千人単位を超えていたはずである。だが、結局は労組と合わせても200人。望月衣塑子の所属する東京新聞社会部すら結集できていない可能性が高い。

だが、こうした事実は意外ではない。「ついにリベラル陣営からも批判が集中!ひとりぼっちの望月衣塑子」でも紹介したように、今や江川紹子氏のようなジャーナリスト、青木理や天木直人のような極左からも望月は見放されているからだ。


今回のことで、南彰と望月衣塑子は二度と正当性を主張できなくなってしまった。たった200人以下しか集まらなかったのだから。記者が国民の代表?笑止千万。

『200人しか集められない男』『動員率0.3%の労働組合委員長』の称号を得た南氏はどこへ行くのか。望月衣塑子からも「頼りない男でがっかり〜」と言われてしまうに違いない。

南彰と望月衣塑子は、この結果を重く受け止め、猛省すべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧