警官殺しの凶悪犯を釈放要求の立民議員たち:有田芳生、堀越啓仁、生方幸夫

立憲民主党の菅直人が、北朝鮮による日本人拉致の実行犯、辛光洙(シン・ガンス)の釈放要望書にサインし、のちに謝罪に追い込まれたことは記憶に新しい。

今、同じ過ちを繰り返そうとしている立憲民主党議員がいる。今度は警官殺しの凶悪犯を、冤罪だと決めつけて、有田芳生参議院議員、堀越啓仁衆議院議員、生方幸夫衆議院議員が中核派の意見広告に登場し、釈放しろ!と主張しているのだ。

どういうことなのか。

中核派が出した意見広告

2月17日、中核派による衝撃の意見広告が『琉球新報』『沖縄タイムス』に掲載された。

そして、そこには現役の立憲民主党の国会議員が三名いた。

有田芳生参議院議員

堀越啓仁衆議院議員

生方幸夫衆議院議員

この三人は、「星野文昭」という人物を釈放しろと中核派の意見広告で主張している。

星野文昭とは?

警察官を暴行の末、焼き殺した

星野文昭は、渋谷暴動事件において機動隊員を殺害した容疑で逮捕されている。

1971年11月14日、渋谷のデモに紛れ込んだ中核派は、機動隊や渋谷駅前派出所を火炎瓶などで襲撃した。この際、星野文昭らは21歳の中村巡査を捕まえた。

中村警部補を捕まえた中核派集団は、所持していた鉄パイプ、モンキースパナ等で頭部を殴りつけて失神させ、その後、失神中の中村警部補を道路中央に引きずり出し、馬乗りになって、出動衣を開き、肩口から身体いっぱいガソリンをあびせかけたのである

その後、指揮者の「やれ!」という号令で、四方から一斉に火炎びんを投げつけ、焼殺したのであった。

失神中の中村警部補は、途中で気付き、必死に火を消そうとしたものの、力尽きて倒れてしまったのである。

このようにして殺された中村警部補は、顔、手はもちろん、全身が焼け、表面は炭になっている状態であった。

このようなことから、捜査員すべてが、「何が何でも犯人を検挙する」という固い決意と強い信念を持って捜査に当たった。

引用元 渋谷暴動事件 中村巡査長の最期

瀕死の重傷を負った中村巡査は病院に搬送されたが翌15日午後9時25分に死亡した。許し難い犯罪としか言いようがない。

鈍器で殴りつけた挙句、馬乗りになって、出動衣を開き、肩口から身体いっぱいガソリンをあびせかけ、そこに火炎瓶を投げ込むなど、人間の所業ではない。

警察は、これに関与したのが星野文昭ら7人と判断、彼らを逮捕した。星野は最高裁まで争ったものの、1987年に無期懲役が確定。

星野は冤罪を現在も主張し、再審請求を行っており、それに立憲民主党の有田芳生参議院議員、堀越啓仁衆議院議員、生方幸夫衆議院議員が賛同しているというわけだ。

仮に万分の一の確率で星野が無関係だったとしても、中核派が殺害した事件という事実は揺らがない。その中核派の意見広告に堂々と協力していることは、まともとは思えない。

以下は焼殺された中村巡査である。立憲民主党の有田芳生参議院議員、堀越啓仁衆議院議員、生方幸夫衆議院議員は、これを見てもなんとも思わないのか?

そして、彼らは菅直人の件から何も反省していないことがよくわかる。

立憲民主党は、こういう政党なのだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧