決してぬぐい去れない毎日新聞の過去:新元号の大誤報

新しい元号「令和」に注目が集まる中、忘れてはならないのが、毎日新聞が昭和の始まりと終わりにやらかした大誤報事件。そこには、毎日新聞社の勘違いが濃く滲み出ていた。

毎日新聞の大誤報事件①「光文事件」

1926年(大正15年)12月25日午前1時25分に大正天皇が48歳で崩御したが、東京日日新聞(現在の毎日新聞)が崩御直後に発行した「聖上崩御」号外で「元號は『光文』 樞密院に御諮詢」、及び同日午前4時に発行した朝刊最終版(市内版)において「元號制定 『光文』と決定―樞府會議で」の見出しで、新しい元号として「光文」「大治」「弘文」等の諸案から「光文」が選定されたと報道した。しかし、実際に宮内省が同日午前11時頃に発表した新元号は「昭和」であったために誤報となり、社長の本山彦一が辞意を表明する事態になったが、編輯局主幹だった城戸元亮が辞任することで事態が収拾された

引用元 光文事件

大正が終わり、昭和へ時代が移行する中、毎日新聞は大正の次の元号は『光文』になると大々的に報じたものの、これが大誤報。社長が辞意を表明する騒ぎとなった。

改元は国民にとって一大イベントである。様々な記録や商品が変わるし、記念グッズも出る。毎日新聞のスクープならぬ大誤報を受けて、大損害を被った企業や個人も多くいただろう。しかし、実際は誤報の補償などはなし。編集局長を辞任させるだけで済ませてしまった。

毎日新聞の大誤報事件②「昭和天皇崩御と大誤報」

毎日新聞は、何年経っても本質や社風は変わっていない。それから約60年後の昭和の終わりにも大罪を犯している。なんと昭和天皇崩御という誤報を、英字版で全世界に向けて発信したのだ。

1988年9月26日、「A Nation Plugged Into Grief」と題した昭和天皇崩御を前提とした社説を誤掲載し、回収騒ぎを起こす。当時の経営企画室長が創の取材(同誌1998年11月号 P,163)に応えたところによると、この手の事件でよくある予定稿の誤掲載ではなく、ある記者が覚え書きとしてフロッピーに保存しておいたものを、他の記者が記事用のフロッピーと間違えて紙面化。運悪く校正の段階でも気付かれなかったとのこと。取締役小池唯夫が主筆を解かれ、英文毎日局長近藤健が解任処分。

引用元 毎日デイリーニューズ

昭和天皇は翌年の1月にご逝去されたが、この当時はもちろん健在であった。しかし、毎日新聞の英字版は何も考えずに、予定稿ですらないメモ書きを記事にし、だれも気が付かなかったのである。

しかし、処分は軽いもの。取締役が主筆を解かれ、局長が解任されただけで、だれも辞職すらしていない。

この一点だけでも、毎日新聞がどういう新聞か、よくわかる。60年前の大誤報の反省もせず、皇室への敬意も何もない新聞だということだ。

『平成』をめぐって懲りずにスクープ合戦

1989年1月7日、小渕恵三官房長官(当時)が新元号を「平成」と発表した。毎日新聞はその35分前に情報を掴んでいたが、号外は発行されなかったという。

同社の政治部長は「平成で間違いない、という確固たる自信があります。すぐに号外を出してください」と編集局長に何度も迫り、激論になったという。同社の官邸キャップだった仮野忠男(かの・ただお)氏は、後に編集局長が次のように言っていたと振り返っている。

(中略)

「元号が『秘の中の秘』である以上、政府の『穴』をつくのがメディアの使命だ。政府との緊張関係を保つためにも、決して取材を怠ってはならない」。橋本氏はそう信じている。

引用元 世紀の大誤報「光文事件」とは? 大正、昭和、平成の元号スクープ合戦を追った

やっぱり反省がない毎日新聞。

実際、この記事はYahoo!ニュースで大炎上した。少し待てば誰しもが必ず知る内容をなぜ、必死に探らねばならないのか。そして、その行為を「政府との緊張関係を保つ重要なこと」と自慢げに語る毎日新聞元記者の姿勢に疑問を呈さずにはいられない。(参考記事

新しい元号を少しばかり人より早く知ることを人々は求めていたのでしょうか?

時間が来れば分かることなのに、スクープだと大騒ぎするのはマスコミの自己満足ではないかと思う。

上記はYahoo!コメントで最も支持を集めたものだが、国民の率直な感想を物語っている。毎日新聞の報道はすべて自己満足なのだ。いい加減、自己満足と自己陶酔で国民に迷惑をかけるのはやめてもらいたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧