• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 令和を『羽鳥慎一モーニングショー』で批判した「本郷和人」は、妻も同僚も呆れる自称歴史学者

令和を『羽鳥慎一モーニングショー』で批判した「本郷和人」は、妻も同僚も呆れる自称歴史学者

本郷和人という自称歴史学者がいる。彼は、4月2日の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)にて、新元号を全否定した。

いまや他の研究者からは学者扱いされず、妻からも呆れられている人間だが、どういった人間なのか。

本郷和人のトンデモ主張

上記の動画の内容をまとめると以下になる。

(1)他の候補はケチのつけようがないのになぜ令和なんかを選んだのか。
(2)令和の「令」は巧言令色の「令」。これを知らないのは教養がない。
(3)70年代のNHKのドラマでも「巧言令色」は連発していたから知っているだろう!

(1)については根拠も示さず意味不明だ。だいたい英弘では、自民党の三谷英弘衆議院議員とかぶってしまい、余計な雑音が発生しただろうし、その先頭に本郷氏が立っていたに違いない。

(2)についても意味不明だ。この論理で行けば、昭和は明の炎上した宮殿名、平成は滅亡した平家の「平」と成金の「成」が入っているので駄目なことになる。やくざのいちゃもんに近い。だいたい、中世を専門とする歴史学者なら故実に基づいた令を出すべきなのに、四字熟語を出すとはお里が知れる。

(3)トンデモだ。本郷氏が子供のころ見ていた例を出されても、そんなもの知るか!で終了。

アイドルの水着写真に大興奮する本郷氏

70%近くの国民を敵に回す結果に

しかし、国民の多くはこれに共感していない。以下の世論調査を見れば明らかなように70%前後の国民が「令和」に賛成している。

共同通信 73.7%「好感が持てる」
共同通信 日本古典の採用を「評価する」が84.6%に上り、「評価しない」は7.5%
Yahoo!ニュース 64.6%「いいと思う」
NNN&読売新聞 62%「好感を持っている」

これを見ても、いかに本郷氏が独りよがりの思い込みと主観に満ちた主張をしているかよくわかる。

奥さんも呆れる本郷和人

本郷和人氏の妻は、同じく歴史学者の本郷恵子氏である。その彼女が「20歳の自分に読ませたい本」と題して、以下のような書評を書いていた。

『晩鐘』は佐藤愛子女史が九十一歳で刊行した小説。結婚の奥の深さ、もとい闇の深さを二十歳の私も知らねばならない。いつも上機嫌で「わははは」と愉快そうに笑い、平気で嘘をつき、会社を潰し、妻に莫大な借金を肩代わりさせる夫。妻はいつのまにか矢面に立たされ、働きに働いて「持ってけ!ドロボー」と金を払うが、その間にも夫は新しい借金をこしらえる。偽装離婚だからと妻をだまして愛人と籍を入れ、その後も金の無心にやってくる夫の厚顔ぶりは突き抜けていて素晴らしいが、当事者はたまらないだろう。妻が金を渡してしまうのは、義侠心なのか負けん気なのか。夫のほうも、そこのところを見切っているというか、見くびっているというか。夫とは人生の理不尽そのものである。

引用元 本郷恵子さんが20歳の自分に読ませたい「わたしのベスト3」

本郷恵子氏が、夫である本郷和人氏をどのように見ているか、よくわかる。

歴史学者本郷和人氏は歴史学者失格!

そもそも本郷和人氏は歴史学者として疑念を持たれる言動をとっている。

① 張作霖爆殺事件を満州事変と混同


中学生でも知っている事件がわからない本郷氏。

② 歴史家は明確な答えを提示しなければならない


歴史とは不確かなものである。だからこそ、「憶測や推測はできるけれどもわからんことはわからん」という姿勢が歴史学者には不可欠な要素となる。だが、本郷氏は明確な結論を出せという。これでは小説家と変わりがない。

③龍馬暗殺は西郷隆盛の仕業

本郷和人先生、いい加減にしないと学者生命を絶たれますよ。(中略)まともな歴史学者なら鼻で笑ってオシマイの龍馬殺害「西郷黒幕説」が登場し、ビックリ仰天。その説明に〝殺人を犯したにも関わらず元京都見廻組の今井信郎(いまい のぶお)は直ぐに釈放された〟という明らかな間違い(中略)や、〝斎藤一は左利きだった〟という根拠の無い話(子母澤寛の『新選組物語』という小説での記述が俗説として広まったもの)が取り上げられていて、しばし呆然。

引用元 またウソ。『林修の今でしょ!講座』 東大教授・本郷和人が教える超人気の歴史講座 『この5年でわかった歴史的新発見ベスト5』(ゼネラルプロデューサー:樋口圭介)

龍馬暗殺犯が西郷でないことは定説である。それをどや顔で紹介し、小説が元ネタの俗説まで紹介する本郷氏。


本郷和人氏は鎌倉時代が専門の学者でしかない。それが調子に乗って、ありとあらゆる時代に口を出すからこういう赤っ恥をかくのだ。

本郷和人氏は、鎌倉時代以外は単なるアイドルオタクなのだから何も主張するべきではない。こんなデマカセだらけの自称歴史学者に依頼する時点で、『羽鳥慎一モーニングショー』の質などあったものではない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧