大成功に終わった第5回国際女性会議WAW!/W20

3月23~24日、わが国は、第5回国際女性会議WAW!/W20を東京にて主催。8か国の外務大臣を始め世界各国からの参加者を含め、2日間合わせて約3000人が来場した。中には、ノーベル平和賞を受賞したマララさんの姿もあった。

しかし、このような世界中の女性が注目する大イベントが東京で開催されたにもかかわらず、例によって、今回もマスメディアは、ほとんど報じていないのでご紹介する。

国際女性会議WAW!の意義

このWAW!は、World Assembly for Women(世界女性会合)の略称で、女性の地位向上を目的としており、「ワウ!」と呼ばれている。WAW!には、世界の様々な地域、国際機関から女性の分野で活躍するトップ・リーダーが参加し、日本及び世界における女性の参画、そして、女性の活躍促進のための取組について議論が行われる。

この会議は、安倍政権の最重要課題の1つである「すべての女性が輝く社会づくり」を国内外で実現するための取組の一環として2014年から開催しているもので、わが国が世界に誇るべき取り組みである。

第5回国際女性会議WAW!の注目点

最初の注目すべき点は、豪華メンバーがわが国を舞台に、女性のさらなる活躍はいかにあるべきかを訴えたことだ。ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんは、安倍総理との晩さん会で、アボカドとワサビを間違えて大変なことになったというほほえましいエピソードを紹介した上で、学校に通えない1億3000万人の女性が教育を受けられるようにしよう!と強く訴え、共感を呼んだ。(参考記事

フィナンシャルタイムズ幹部のアンジェラ・マッカイさんもまた、2014年のG20が定めた男女の労働力の差を25%に縮小する公約が実現されていないことに、「失望を感じます。公平な男女役割負担や法的な規則を設けて差別を撤廃するなど解決策は分かっているのに実現できていません」と訴えた。(参考記事

国際貿易センター(ITC)事務局長のアランチャ・ゴンザレスさんの「女性が女性のために話しても仕方ない。」との主張も注目を集めた。持続可能な社会にするためにも、女性の活躍が男女両方にWIN-WINであるべき。例えば育児休暇など女性のために整えたものが、意外と男性にも評判が良かった」と男性の為にもなることが重要だと訴えた。(参考記事

安倍総理の訴えた女性活躍の政策

第二の注目点は、安倍総理が訴えた演説である。

よく言われることでありますが、リーマン・ブラザーズがもしリーマン・ブラザーズ・アンド・シスターズだったら破たんしなかったと、こう言われております。近いうちにブルックス・ブラザーズも名前を変えるかもしれません。

私の政権では女性活躍推進のため、有価証券報告書に女性役員の数を記載するよう義務付けました。それにより、我が国の上場企業における女性役員数は、この6年間で2.7倍に増えました。これは、女性が役員となればその会社は良くなる。そしてそのことをマーケットはポジティブに評価している。ということの証左であります。

引用元 第5回国際女性会議WAW!/W20登壇者等との夕食会

女性の活躍推進による、女性役員の増加は会社の経営状態を改善し、この点を市場も高く評価していることがわかる。ウィメノミクスもまた、アベノミクスの一環なのである。

このことは、安倍総理の開会に際しての演説でも強調されている。

日本経済はこの6年間で10パーセント以上成長しましたが、そのメインエンジンは ウィメノミクスです。これは単に労働力が増加するという意味ではありません。女性の労働参加にはもっと大きな価値があります。

さらに昨年はコーポレートガバナンス・コードを改訂し、経営におけるジェンダーを含むダイバーシティの重要性を明記しました。女性役員がいない企業では投資家にその理由を説明する必要が生じます。この変革によって我が国の女性役員の数は更に加速度的に増加するでしょう。

引用元 第5回WAW!/W20安倍総理大臣開会挨拶

安倍総理が、世界の女性リーダーを集めた場で、このように力強い決意を訴えたことは非常に意味が大きい。会議自体が日本のイメージアップにつながることは間違いなく、そして、安倍総理が繰り返し、女性の活躍の意義や政策を訴えたことは、日本国内をも変えていくことにつながるからだ。

ちなみに、朝日新聞の取締役は10人で構成されるが、女性は0人。執行役員に広げてみても12人中、女性は2人。常勤監査役は2人のうち1人が女性。社外監査役は3人で1人が女性、という恐るべき構成だ。女性が活躍する社会にまっこうから反対しているのが朝日新聞だ。

朝日新聞は、一人くらいでも女性取締役の登用を行ってから、安倍政権を批判すべきだ。


大成功に終わった、第5回国際女性会議WAW!/W20。来年実施される第6回の成果が楽しみだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧