令和時代が嫌な人、最後の12日間

4月1日に新元号「令和」が発表され、平成が終わりを迎えるまであと僅か12日間。

いよいよ令和の時代がやってくる。

殆どの国民は歓喜し、次の「令和」時代に希望と期待を持っている。しかし、いつの時代にもひねくれものは存在するもの。令和の時代が始まる前に、新元号に難癖を付けた者たちをピックアップしておこう。そして、この人たちには、海外移住をお勧めする。

・本郷和人 東大教授 歴史学者(ただし鎌倉時代が専門)

『令』は上から下に何か『命令』する時に使う字。国民一人ひとりが自発的に活躍するという説明の趣旨とは異なるのではないかというのが、まずひとつ批判の対象にならざるを得ない。
もうひとつは、『巧言令色鮮し仁』という故事。“口先がうまく、顔色がやわらげて、人を喜ばせ、媚びへつらうことは、仁の心に欠けている”という意味で、この『仁』は儒教で最も大切な概念。今でいう『愛』を意味し、それに一番遠いのが巧言令色だと言っている。そこが引っかかる。(中略)『令』という字は皇太子と密接な結びつきがあるもので、天皇の密接な関係があるのは『勅』『宣』などの字。(天皇の生前退位で定める)新元号とは少しずれている

引用元 「令和以外の5つはケチのつけようがない」東大教授が指摘する『令』が抱える3つの問題

あまりに短絡的で、歴史学者だとはとても思えない発言。巧言令色を言うならば、平成は先生ご専門の平家の「平」が入っており、昭和は明の炎上した「昭和」宮殿と同じ、明治は平治の乱や治乱興亡の「治」が入っていて不吉なことになる。漢字である以上、いくらでもケチは付けられるということを本郷氏は理解していない。

・志位和夫 日本共産党

それは日本国憲法の国民主権の原則になじまないものだと考えている。

・同時に、西暦か元号か、いかなる紀年法を用いるかは、自由な国民自身の選択にゆだねられるべきであって、国による使用の強制には反対する。

・私たちは天皇の在位、あるいは元号によって時代を区分するという考え方に立っていない。コメントはない。

引用元 慣習的使用に反対しないが、使用の強制に反対する

共産党は平常運転。ある意味で、期待を裏切らなかった。

・又市征治 社民党

『令』は『命令』の『令』であり、安倍晋三政権の目指す国民への規律や統制の強化がにじみ出ている」との談話を発表した。

その上で「元号とは、古代中国において帝王が時間を支配することを目的として作られたものであり、本来的に非民主的な制度だ」と訴えた。

引用元 【新元号】社民・又市征治党首「令は『命令』の令…統制強化にじむ」

社民党の又市党首の主張は、愚の骨頂。令和の令を命令とし、なぜか安倍総理が命じたとするデマカセ。元号は与野党の衆参両院の議長および副議長が集って決定したのだが。又市党首は、立憲民主党の赤松広隆衆院副議長を責めてはどうだろうか。

・石破茂 自民党

違和感がある。『令』の字の意味を国民が納得してもらえるよう説明する努力をすべきだ

引用元 新元号『令和』にさっそくイチャモン!? 石破氏「違和感ある」 朝日新聞「国民生活最優先とは言い難い」

共産党や社民党に同調した石破元幹事長。彼の脳内にしか存在していない「令和に反対する国民」を引き合いに出されても困る。

・金子勝 立教大学教授 経済学者


そう思うのは、金子先生だけなのですが。

・鮫島浩 朝日新聞記者


令の文字が入った名前を持つ国民、そして、今年「令和」を基にした名がつくであろう多くの赤ちゃんに対する失礼極まりないヘイトスピーチである。

・白井聡 京都精華大専任講師 政治学者

「安倍政権は新元号発表を政権浮揚に利用したと言わざるをえない」
「新元号は本来、まっさらの状態のはず。今後国民が作り上げ、終わったときに『こんな時代だったよね』と振り返るもの。ところが安倍首相は政権のスローガン『1億総活躍社会』を元号と結びつけてアピールした。平成の発表時にはなかったこと」と、白井さんはあきれている。「抽象的に、こんな時代になってほしいと述べるならいいが、政権の具体的政策を新元号に結びつけるのはおこがましい行為。国家だけでなく元号の私物化が可視化された

引用元 安倍晋三はネット意識し、「令和」を私物化!

典型的な難癖だ。こういう批判は、ではどうすればよいのかがない。呆れてしまう。

・西田亮介 東京工業大准教授 社会学者

「官邸はインスタグラムの機能などをうまく活用して人々の『いよいよだね』という改元への期待値を高め、たくみに政治ショーを演出した

引用元 安倍晋三はネット意識し、「令和」を私物化!

政治はショーではございません。そして、新元号の時代を、国民には明るく健やかに過ごしてほしいから陛下は譲位されたのに、その陛下のお気持ちを理解せず、なんという不義不忠の発言。


この他にも、ジャーナリスト、野党議員、大学教授など、各方面で「令和」に批判的な意見を述べた者がいる。しかし、どれも難癖ばかり。

令和が気に入らないのなら、海外に移住する準備をした方がよいのでは?タイムリミットまであとわずかだ。
なお、北朝鮮は主体歴を使っているので、ちょうどよいだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧