清水アキラさん 息子に「保釈はしない」「反省するには短すぎる」に本当の親の愛を見た

清水アキラ「泣いていた」良太郎被告を保釈させず

10月11日に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、同27日に起訴された清水良太郎被告(29)の父清水アキラ(63)が31日、警視庁目白署を訪れ、同被告と面会した。面会後、取材陣に囲まれると、裁判所から保釈許可が出ているが「本人に保釈させないと伝えてきた」と涙を浮かべながら明かした。初公判まで保釈させないつもりという。同被告の様子について「ずっと下を向いて泣いていた」。また26日に「(反省する時間が)短すぎるから(警察署から)出ることはできない」と手紙を送り、この日もあらためて直接伝えた。同被告は「分かりました」とだけ答えたという。今後については「家族みんなで薬を断たせたい」。

同被告は10月10日、東京・池袋のホテルで一緒にいた女性の110番を受けて駆けつけた署員の任意同行に応じ、その後、尿から覚醒剤の陽性反応が出たため翌11日に逮捕された。日刊スポーツより

「ここで保釈させたらこの子の為にならない、なんとかして立ち直らせたい」と突き放すようですが私は本当の親の愛を見ました。
「私の育て方が…」と以前の会見でありましたが、そんなことないと思います。
清水アキラさんは最近忘れかけている無骨ながらも愛情があふれている昭和のお父さんのように私は感じています。

清水アキラ、涙の会見!「バカヤローとしか、言いようがないですね」

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧