安倍政権の働き方改革入門④「労働者の健康管理」

4月1日に施行された、働き方改革関連法案。これまで時間外労働の規制有給休暇取得の義務付け同一賃金同一労働をご紹介してきたが、今回は『産業医・産業保健機能の強化』『労働時間等設定改善法の改正・勤務間インターバル制度』という、労働者の健康管理に直結する法案に触れていこう。

●産業医・産業保健機能の強化(事業主の労働時間把握義務含む)

働き方改革のポイントの1つが、長時間労働の抑制と健康管理面の強化だ。

労働者の健康管理をより積極的に実施するために、今回の法改正では産業医の権限や機能が強化された。

厚生労働省は『「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されます』と発表している。

大きく分けるとポイントは二つ。『産業医の活動環境の整備』と『労働者の健康管理等に必要な情報の産業医への提供等』だ。

1 産業医の活動環境の整備

・産業医の独立性・中立性の強化
(1)産業医について、専門的知識に基づいて誠実にその職務を行う責務を定める。

・長時間労働者等の健康確保対策の強化
(2)事業者は、衛生委員会に対し、産業医が行った労働者の健康管理等に関する勧告の内容等を報告しなければならないこととする。(産業医の選任義務のある労働者数50人以上の事業場)
(3)事業者は、労働者が安心して産業医等による健康相談を受けられるようにするために必要な体制整備等を講ずるよう努めなければならないこととする。 (産業医の選任義務のある労働者数50人以上の事業場)

・産業医の業務内容等の周知
(4)事業者は、産業医の業務内容等を労働者に周知しなければならないこととする。 (産業医等を選任している事業場)
労働者に周知させなければならないもの
ア その事業場における産業医の業務の具体的な内容
イ 産業医に対する健康相談の申出の方法
ウ 産業医による心身の状態に関する情報の取扱いの方法

2 労働者の健康管理等に必要な情報の産業医への提供等

労働者の健康管理等に必要な情報の産業医への提供
(1)事業者は、産業医に対し産業保健業務を適切に行うために必要な情報を提供しなければならないこととする。
(産業医の選任義務のある労働者数50人以上の事業場)
労働者の健康情報の適正な取扱いの確保
(2)事業者は、本人同意その他正当な事由がある場合を除き労働者の健康確保に必要な範囲内で労働者の健康情報を取り扱わなければならず、また、健康情報を適正に管理するための措置を講じなければならないこととする。(全ての事業場)

参考資料;働き方改革関連法に関するハンドブック

つまり、産業医の役割と労働者の健康管理の必要性を明文化したのである。これは、労働者にとっては画期的な前進だ。

時間外労働などの労働時間を規制したからといっても、不測の事態は起こり得るものである。

そうならないように、産業医・産業保健機能の強化を行い、普段から労働者の健康管理を徹底することが、この関連法案の目的である。

今後、企業はこれまで以上に、客観的な労働時間管理や労働者の健康管理ができる健康経営の体制が、重要になっていく。

●労働時間等設定改善法の改正・勤務間インターバル制度

勤務間インターバル制度とは、前日の業務終了時間から、翌日の業務開始時間まで、一定以上の休息時間(インターバル)を確保することで、長時間労働を防止しようとする制度。

上図のように、残業が深夜にまで及んだ後に翌朝の定時出勤では、労働者は心身を休めることが出来ない。作業の効率も低下する恐れがある。

そういった問題を是正するために、作業が深夜まで及んだ場合、翌日の出社時間を遅らせて、十分な休息を労働者に取らせるというのが勤務間インターバル制度だ。

勤務間インターバル制度の先駆けであるEU(欧州連合)では、11時間以上の休息時間を設けることが法律で義務付けられている。参考資料;EU主要国のインターバル制度について

当初は「勤務間インターバル」を、法律で義務化することが検討された。が、最終的には企業(事業主)の努力義務にとどまることになった。そのため、勤務間インターバルを導入しなかったとしても、それが理由で企業は罰則に問われることはなかった。また、勤務間インターバルを導入している企業が労働者に所定の休息時間を与えなかった場合も、同様であった。

しかし、上記のような従前の「企業の努力義務」にメスを入れ、法律で義務化したのが、今回の働き方改革関連法案の勤務間インターバル制度なのである。


企業にとって、なによりの財産は人材である。今回の働き方改革により、国が直接・間接的に企業がその貴重な財産である労働者を守ることに真剣に乗り出してきた。

これにより労働者の健康が守られ、二度と過労死などという痛ましいことが起きないことを願う。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧