Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

福島みずほ、メディアの偏向報道に釣られ赤っ恥【イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明】

TOP
メディア各社が報道「イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明」
これに対しネットでの反応
福島みずほ「イバンカさんの基金に57億円拠出、個人的なプレゼントではない!みんなの血税だ!」
石井くみ子「国内使用できずドルで塩漬けになっている外貨準備高からの拠出であり、「血税」は一切投入されていない。また世界銀行グループ内設立のファシリティであり、イヴァンカ氏は運営管理や資金調達には関与していない。」
SNS「福島さん、この基金が公的なものであり拠出が安倍首相の個人的なものでないことくらい政治家であるあなたが知らないわけないですよね?
このような印象操作、デマを流すのは政治家としての資質を疑います。
直ぐに訂正なされてはどうですか?」

メディア各社が報道「イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明」

首相、57億円拠出を表明-共同通信

イバンカ氏基金:安倍首相、57億円拠出を表明 – 毎日新聞

イバンカ氏主導の女性基金へ57億円 安倍首相が表明:朝日新聞デジタル

安倍首相、女性支援のイバンカ氏基金に57億円拠出を表明 – 産経ニュース

とたしかに各紙報じているが、税金から支出とはどの新聞も書いていない。
書いてはいないが紛らわしいですね。
”税金からではなく外貨準備高の有効活用で、”5千万ドル”とドル建てで書くべき金額のもよう、かつイヴァンカ氏は運営に無関与”
とまで記入しないと一般の国民は勘違いしてしまいます。
しかし、引っかかったのは国会議員の福島瑞穂議員だからおどろいた。
メディアはわざと国民が疑心暗鬼になるように知ってるのにこのような報道している。
確かにつつかれても57億円拠出は本当だし、別に血税から出しているとは一言も書いていない。
あとから非難されてもどうとでも反論できる。
ネットで荒れるならまだわかるが、まさか国会議員なら知ってて当然の事に党副党首・参議院議員会長のお方が引っかかるのだから驚きだ。
本当に知らなかったら国会議員として失格だし、知ってて発言しているのなら人として失格である。

商品性は通常の国債と同じで、発行も通常の国債と合わせて行われているので、金融商品として見た場合、通常の国債と全く変わりません。また、発行限度額について、国会の議決を受けている点でも通常の国債と同じであり、各年度の国債発行計画の中においても国債の一種として位置付けられています。

ただし、財投債は、その発行によって調達された資金が財政融資資金の貸付けの財源となるとともに、償還が財政融資資金の貸付回収金によって賄われる点で、一般会計などの歳出の財源となり、償還が租税などによって賄われる通常の国債とは異なります。

財投債とは何ですか : 財務省

財政投融資とは、

1 租税負担に拠ることなく、独立採算で

2 財投債(国債)の発行などにより調達した資金を財源として、

3 政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・固定・低利の資金供給や大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動(資金の融資、出資)です。

財政投融資とは : 財務省

外貨準備は、通貨当局(政府および中央銀行)が、公的な対外支払いに備えたり、為替相場の安定を図る目的で外国為替市場に介入するために保有している準備資産のことをいいます。これは、大きく分けて、外貨資産(預金、証券等)、IMFリザーブポジション(IMF加盟国が出資金に応じてIMFから借りられる与信相当額)、SDR(IMF加盟国が持つ特別引出権)、(ゴールド)となっています。現在、外貨準備高が世界で一番多いのは中華人民共和国で、日本は二番目に多く(2015年末時点)、また東南アジア諸国は、1997年のアジア通貨危機の際に外貨不足に陥った反省から、外貨準備を積み上げる傾向があるのに対して、先進諸国の多くは、外貨準備が増えると為替リスクが増すため、あまり持たない傾向があります。

外貨準備とは|金融経済用語集 – iFinance

国庫短期証券は、日本政府が2009年2月から発行を開始した、発行時に割引されて発行される償還期限が1年以内の割引債(短期国債)をいいます。これは、財務省が償還期限が1年以内の短期国債について、それ以前に2種類発行していたものを統合したもので、償還期間は2カ月・3カ月・6カ月・1年の4種類となっています。

国庫短期証券とは|金融経済用語集 – iFinance

TOPに戻る

これに対しネットでの反応


TOPに戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧