• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース
  • 野党の先生方、働かずに食べるご飯は美味しいですか?「参院歳費削減法案」に野党議員が給料減らすなと大反発!

野党の先生方、働かずに食べるご飯は美味しいですか?「参院歳費削減法案」に野党議員が給料減らすなと大反発!

自民党と公明党は、一票の格差問題解決に向け、「参議院の定数増」による経費増加を避けるために、参議院議員の給与を月額7万7千円(6%)削ることを決定した。

しかしに、これに野党が猛反発し、必死の抵抗を繰り広げている。一体どういうことなのか。

●参院歳費削減法案とは

参院歳費削減法案の概要は以下の通り。

自民、公明両党と参院会派「無所属クラブ」は8日、参院議員の歳費を削減する歳費法改正案を議員立法として参院に提出した。夏の参院選後から3年間、1人あたり月額7万7千円減らす参院の定数増に伴って経費が増えないように取り組み、世論の批判を避ける狙いがある。与党は今国会での成立をめざす。

2018年の通常国会で参院定数を6増やす改正公職選挙法が与党などの賛成で成立し、19年夏の参院選で改選議席が3増える。経費が年間約2億2千万円増えるため、この増加分を歳費削減で対応する。

自民党の岡田直樹参院幹事長代行は提出後に記者団に、成立をめざす時期について「各派の意見を聞きながらできるだけ速やかに、と思っている」と語った。

議員立法を提出した自民党・公明党の議員たち。

引用元 参院議員歳費削減、与党などが法案提出 定数増の批判回避 

この法案の背景にあるのは、昨年成立した『参院の定数6増』。

自民党は「1票の格差の縮減と人口減少に直面する地域をはじめとする多様な民意の国政への反映を両立させる現在考え得る最良の案だ」という考えに基づき、参議院議員を増やすことを提案。立憲民主党などの野党は反対に回ったが、自民・公明両党の賛成多数で可決・成立した。

定数が増えるということは、それだけ経費が増えるということ。経費は全て国民の血税で賄われている。つまり国民の負担増となる。

だからこそ、自民党や公明党は、そういった国民の負担を軽減させるために、参議院議員の歳費を減らし、国民の理解を得ようとしている。国民にとっては、至極まっとうな法案で、これこそ「まっとうな政治」だ。

●猛反発する野党:国会議員の給与が第一

参議院の定員数に反対した野党は、これにも反対の姿勢を見せている。

参院議院運営委員会は19日、参院の定数増に伴って参院議員の歳費を削減する歳費法改正案の審議入りを決めた。与党は24日にも参院本会議で改正案を可決し、衆院に送付する方針だ。定数増に反対する野党は「与党の議事運営が乱暴だ」と反発し、委員会を退席した。

引用元 参院歳費削減法案、来週審議入りへ 野党は反発

月7万7000円を減額するということだが、参議院議員は、月129万4000円もの歳費を受け取っている。一般のサラリーマンとは大きく違い、削減されても月121万6000円もの歳費を受け取れる。パーセンテージにしても6%の減収でしかない。

それも、たった3年間の間だけ。しかし、野党はこれに大反対している。例えば、議運委野党理事の白真勲氏(立憲民主党)は「強引過ぎる。議員の立場の問題なのでしっかり議論すべきだ」と記者団に語り、審議入りを急ぐ与党を批判したという。(参考記事

白真勲氏は「自民党議員から小突かれた」と、昨年末に因縁をつけて国会審議を4時間空転させた前科のある人物(写真中央の指差しをしているのが白氏)。

高額な給与の一部を削減することが「議員の立場の問題」だと意味不明な主張している立憲民主党。

しかも、立憲民主党をはじめとする野党は審議拒否を繰り返し、国民よりも先にゴールデンウィークに突入するなど、多くの国民から「野党は政権批判やサボりばかりで本来の仕事をしていない」という批判を浴びている。

一般社会で、仕事をしていない社員に待ち受けているのは、もっと悲惨な待遇であることを思えば、野党の反対は筋違いも甚だしい。

そもそも、野党は国民生活が向上していないといつも主張する。実際はアベノミクスにより、様々な指標が改善してきているが、仮にそうであるならば、少しは忸怩たる思いで、国民に給料分の仕事をしていないとして給与を返納すべきだ。

だが、彼らは自らの給与を死守することに汲々としている。国民から献金を集めればよいだけなのに、人望のなさにより、それが不可能だと理解しているかのように。


メディア、特に新聞社は『参院の定数6増』にも否定的な報道をしてきた。今回も当然のように、参院歳費削減法案にも、野党の主張ばかりを取り上げ、与党の強引さを際立たせている。

だが多くの国民にとっては、与党のこの判断は当然のこと。むしろ、ちゃんと働いている与党議員が給与を削ろうとしているのだから歓迎すべきことだ。

少数の野党支持者であっても、一向に安倍政権を倒す見込みがなく遊んでばかりの野党議員に給与を払いたくないだろう。

立憲民主党をはじめるとする歳費削減に反対する野党の先生方、働かずに食べるご飯は美味しいですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧