• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 東京新聞・望月記者、中核派だけでなかった!革マル派関係組織でも講演。公安監視団体のコンプリートも近い!

東京新聞・望月記者、中核派だけでなかった!革マル派関係組織でも講演。公安監視団体のコンプリートも近い!

朝鮮総連の月刊紙で「(安倍政権の)権力の暴走を止めるために」と、一方的な安倍政権批判を行い、最近では中核派関係組織の講演会に、中核派幹部とともに講演した望月衣塑子記者。

その彼女が一昨年の8月、革マル派関係組織として名高い、JR東労組で堂々と講演していたことがわかった。その概要と革マル派の実態について調べてみよう。

望月記者、JR東労組で講演〜!歴代の講師のここが衝撃!

2017年8月23日、望月記者は「何故、菅官房長官への会見に臨んだか~安倍政権とメディアの役割~」と題する講演をJR東労組の月例講演会で行った。(引用元

この月例会、実に香ばしい集会で、歴代の講師が凄い。

「自衛隊が来たら婦女暴行事件起きる」発言で有名な、石嶺香織元都島市議

「出会い系バー」通いで有名な元文科省次官の前川喜平氏。

沖縄の反基地運動家で逮捕歴多数の山城博治氏。

見事に反政府のとんでもないお歴々ばかりだ。

「JR東労組は革マル派の深い影響下にある団体」とJRの労組も政府も認定している

鉄道会社JRの穏健な労働組合「JR連合」によれば、JR東労組は極左暴力集団の「革マル派」に支配されているという。

JR総連は、JR東日本の最大労組であるJR東労組を中心に組織されていますが、政府や警察は、かねてより繰り返し、過激派・革マル派がJR総連・JR東労組に相当浸透し、組織を支配していると指摘してきました。

(中略)

警察は、1996 年以降、革マル派の非公然アジト 15 箇所を摘発し、JR総連・JR東労組内における革マル派組織の存在を確認するなど、同派がJRに相当浸透している実態を解明してきました。

引用元 JRからの過激派・革マル派の追放にご協力を!

普通の労働組合から名指しでここまで言われており、JR東労組への革マル派の浸透の深刻さをうかがわせる。そして、日本政府も同様の見解を示していた。

東日本旅客鉄道労働組合(以下「JR東労組」という。)内において、影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が相当浸透していると見られるところである。

このため、警察としては、JR総連及びJR東労組という公共交通機関の労働組合における革マル派の動向について、公安の維持の観点から重大な関心を払っている。

南京大虐殺記念館を訪問した、JR東労組。

引用元 第164回国会 質問主意書への答弁書

このように望月記者が反政府講演を行った、JR東労組は革マル派の支配下にある組織なのだ。それでは、この革マル派とは、どのような団体なのか。

革マル派の犯罪歴

・2001年の9.11テロは「歴史的な行為」と大絶賛
・神戸の『酒鬼薔薇事件』の少年Aは冤罪であり政府の陰謀
こんな視点を持っている時点で、すさまじい。いや、恐怖を感じる。

だが、より問題なのは、彼らが多くの殺人を含む凶悪犯罪をためらいもなく犯してきたことである。特に内ゲバと呼ばれる、中核派や革労協といった他の極左暴力集団との抗争がそれだ。

・1972年11月8日、革マル派が、まったく無関係の大学生、川口大三郎さん(20)を中核派と間違えて拉致した挙句、「イスに針金で両手首を縛られ、タオルで目隠しされた上、角材、バット、竹ざおなどで7時間以上も拷問」し、殺害。
・1975年3月、革マル派が中核派の最高指導者を、鉄パイプ等で就寝中に全身を滅多打ちにして殺害。
・同年6月、静岡で革マル派が、革労協の元九州大生(26歳)を鉄パイプで殺害。
・1977年2月、茨城県取手市で、革マル派メンバーは革労協書記長の笠原正義に対して、鉄パイプを振り下ろして滅多打ちにして殺害。
・1986年1月、革マル派が中核派京大生(25歳)を鉄パイプで滅多打ちにし、京大内で殺害。

これらの凄惨な事件はほんの一部。いかに危険な集団かがよくわかる。その他に不法侵入や盗聴事件も引き起こしている。

革マル派の支配下にあるJR東労組で講演する望月記者。

こうした暴力集団の支配する団体で講演したのが望月記者なのだ。余談だが、枝野代表は、革マル派が支配するJR総連から、約800万円もの献金を受けている。


朝鮮総連、日本共産党、中核派、そして、今度は革マル派と、望月記者の歩みは、公安案監視団体をくまなく回っている。

そして、こうした危険な団体ばかりを好き好んで講演なり寄稿する望月記者の良識を疑う。本気で反政府活動家を目指していると言われても仕方がない行状だ。

望月記者がまだ訪問していない公安監視団体は、オウム真理教、イスラム国、アルカイダだ。政治知新は、望月記者の公安監視団体コンプリートを生暖かく見守っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧