「もう限界…」対馬に訪れる韓国人旅行客のマナーに、島民が必死の訴え

長崎県の対馬が韓国人観光客にあらされているという発信を、政治知新でこれまで幾度か紹介させていたが来ましたが、Facebookを通して政治知新をご愛読していただいている方から、是非皆さんに紹介して拡散して欲しいという投稿があるというので、ここで紹介させていただきます。

もう我慢の限界です。神社は関係ありません。和多都美神社Facebookページ管理人 平山です。一島民として、書きます。

父である宮司が心臓の病気のため、4月に対馬に帰ってきました。ちょくちょく手伝うために有給休暇など使って帰ってきてましたし、現状は分かっているつもりでした。

父もずっと10年以上、どうやったらマナーがよくなるか、考えて考えてやってきました。対馬市が経済的に豊かになるなら、神社も韓国から観光客を受け入れ、参拝しなくても、神道の思想に反することでも対馬市に協力しようとしてきました。

今でも境内で騒いだりする韓国人や通路を塞いで長々と説明しているガイドをみつけると、大きな声で怒鳴るので、心臓の発作が起きます。

これが心配なため、私がかわりに怒っています。

「怒り」は、今までずっと我慢してきた、譲歩してきた結果です。共存しよう、と親子で共存する方法も考えてきましたが、そもそもガイドの態度が非常に悪く、対馬市の公園やエンタテインメント施設と思い込んでいるのか、話をしても全く通じませんでした。

そして、4月になって完全に帰ってきて、対馬の深刻な現状に開いた口が塞がらない「浦島太郎」のような気分で大きなショックと、大好きな神社や烏帽子岳が荒らされている場面をみて、ここは子供の頃過ごした対馬ではないと胸が痛くなり、本当に涙が出ました。悔しくなりました。

本日より裏参道(神話の里側)からの参入を禁止しましたが、反抗する韓国人ガイドが多々います。これまで神社境内で、マナーを守らず、注意しても注意しても、次から次に新しいフリーのガイドがきたり、看板もいくつも設置してますが、まったく効果はありません。

神社は表から神様にご挨拶をして入る場所です。参拝しないのに、ただ説明だけ長々としたいガイドには通じません。

いくら話しても理解してもらえないことは、ここ1ヶ月でわかりました。

私が、父に変わって、時間があるときは常に外に出て注意したりしてますが、反抗されることが多く、今日からはさらに厳しく、少しでも不満げな態度をとったガイドには、もう来なくていい、と告げています。

バスの運転手さんから、何で?と聞かれました。入るなと言ったにもかかわらず、不満だったのか、お客さんだけ降ろして境内に入っていました。

何で?自分の育ってきた豊玉町のシンボルが荒されているのに、黙って見過ごす方がいいのでしょうか?今までマナーを破ってきたガイドにこれ以上、優しく諭すことができるのでしょうか。

だったら体を張って止めろという意見も以前の投稿のコメントでありましたので、体を張って一人でたたかっています。

神社は宗教法人であるため、行政の支援が難しく、さらに田舎の神社で予算もほとんどないギリギリの状態なのに、都市部の多くの職員がいる大きな神社なみの40万人が押し寄せる。

それを一人で対応することは不可能ですし、私も無給で奉仕しているくらい、予算がないのに、景観を壊してまで看板をいくつも立てるわけにもいきません。警備員を雇うだけの余裕もないです。

対馬市の広告塔のように和多都美神社は色んなところで写真や宣伝に使われています。それでも神社は宗教法人であり、行政の支援が難しい宗教施設です。自力で何とかするしかありません。

しかし、もう限界です。

対馬の一島民として、豊玉町の人間として、韓国人観光客の更なる増大に強く反対します。

私は日本人です。豊玉町の大好きな場所が破壊されていくのを指をくわえて見ていようとは思いません。

嫌われ者になったとしても批判されても、豊玉町と和多都美神社を護るための行動をとります。

神社や親父は関係ありません。これは、私 平山雄一として、対馬に育ててもらった恩返しに対馬を護る行動をとりたいと思います。

よくよく我慢しての投稿であると見受けました。

こういった韓国旅行者のマナーは、もっとメディアも取り上げて、対馬と言わず、日本に訪れるなら、日本のルールに従うよう発信していってもらいたいですね。

そういった動きから国や自治体が本格的に動いてくれるのを望みます。

そして、日本人も海外に行った時は、同じ過ちをしないことをしないことを願います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧