閣法 第190回国会 42 衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案のまとめ

TOP
・衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案(内閣提出第四二号)の概要
・議案審議経過情報
・関係記事

閣法 第190回国会 42 衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案

議案本文情報一覧

選択された議案本文について、照会できる情報の一覧を表示しています。
(注)衆議院に提出された修正案のうち可決されたものについては(可決)マーク、否決されたものについては(否決)マークが表示されます。

選択された議案の情報

提出回次:第190回
議案種類:閣法 42号
議案名:衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案

照会できる情報の一覧

提出時法律案

TOPに戻る

衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案(内閣提出第四二号)の概要

本案は、宇宙基本法の基本理念にのっとり、我が国における衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いを確保するため、国の責務を定めるとともに、衛星リモートセンシング装置の使用に係る許可制度を設け、あわせて、衛星リモートセンシング記録保有者の義務、衛星リモートセンシング記録を取り扱う者の認定、内閣総理大臣による監督その他の衛星リモートセンシング記録の取扱いに関し必要な事項を定めるもので、その主な内容は次のとおりである。

一 衛星リモートセンシング装置の使用に係る許可等

1 国内に所在する操作用無線設備を用いて衛星リモートセンシング装置の使用を行おうとする者は、衛星リモートセンシング装置ごとに許可を受けなければならないこととすること。

2 衛星リモートセンシング装置使用者に対して、不正使用防止措置、申請受信設備以外の使用禁止、申請軌道以外での機能停止、使用終了時の措置等の義務を課すこと。

二 衛星リモートセンシング記録の取扱いに関する規制

1 衛星リモートセンシング記録保有者は、三の認定を受けた者や特定取扱機関に適正な方法により行う場合等を除き、当該衛星リモートセンシング記録を提供してはならないこととすること。

2 内閣総理大臣は、国際社会の平和及び安全の確保並びに我が国の安全保障に支障を及ぼすおそれがあると認める十分な理由があるときは、範囲及び期間を定めて、衛星リモートセンシング記録の提供の禁止を命ずることができることとすること。

3 衛星リモートセンシング記録保有者に対して、衛星リモートセンシング記録の安全管理措置を講ずる義務を課すこと。

三 衛星リモートセンシング記録を取り扱う者は、衛星リモートセンシング記録の区分に従い、衛星リモートセンシング記録を適正に取り扱うことができるものと認められる旨の内閣総理大臣の認定を受けることができることとすること。

四 内閣総理大臣は、衛星リモートセンシング装置使用者、衛星リモートセンシング記録保有者に対し、必要に応じて、立入検査や指導・勧告、是正命令等を行うこと。

五 この法律は、一部の規定を除き、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行すること。

第190回国会閣法第42号 法律案等概要 – 衆議院

TOPに戻る

議案審議経過情報

(注)下記の表で内容がない箇所は、現時点で情報が未定のもの、もしくは情報がないことが確定したものです。

議案名「衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案」の審議経過情報
項目 内容
議案種類 閣法
議案提出回次 190
議案番号 42
議案件名 衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案
議案提出者 内閣
衆議院予備審査議案受理年月日  
衆議院予備付託年月日/衆議院予備付託委員会
衆議院議案受理年月日 平成28年 3月 4日
衆議院付託年月日/衆議院付託委員会 平成28年 4月26日 / 内閣
衆議院審査終了年月日/衆議院審査結果
衆議院審議終了年月日/衆議院審議結果 / 閉会中審査
衆議院審議時会派態度  
衆議院審議時賛成会派  
衆議院審議時反対会派  
参議院予備審査議案受理年月日 平成28年 3月 4日
参議院予備付託年月日/参議院予備付託委員会
参議院議案受理年月日  
参議院付託年月日/参議院付託委員会
参議院審査終了年月日/参議院審査結果
参議院審議終了年月日/参議院審議結果
公布年月日/法律番号

TOPに戻る

関係記事

衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案:参議院

第190回国会での内閣提出法律案一覧 / 内閣法制局

衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案(内閣提出、第 190回国会閣法第 42 号)

宇宙基本法の基本理念にのっとり、我が国における衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いを確保するため、国の責務を定めるとともに、衛星リモートセンシング装置の使用に係る許可制度を設け、あわせて、衛星リモートセンシング記録保有者の義務、衛星リ

記録を取り扱う者の認定、内閣総理大臣による監督その他の衛星リモートセンシング記録の取扱いに関し必要な事項を定める。

おおさか佳巨 街頭演説のブログ

190-閣42 衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律案 その2

TOPに戻る

ピックアップ記事

  1. 2018-2-24

    韓国がTPP参加に向け日本に接触するも、安倍首相「変更考えていない」11カ国の発効優先

    韓国がTPP参加に向け日本に接触 政府、11カ国の発効優先 安倍晋三首相「変更考えていない」 …
  2. 2018-2-23

    長崎県議会の宮内雪夫議員が理事長の社会福祉法人「長崎博愛会」を私物化。寄付の強制と法人の資金を流出の疑い

    議員が“私物化”? 福祉施設で何が 長崎県議会の議員が理事長を務める社会福祉法人が、運営する施…
  3. 2018-2-23

    【韓国】「日韓合意では慰安婦問題は解決できない。合意の再交渉は要求しない」ってつまり履行もしないってこと?

    【韓国】カン・ギョンファ外交部長官「2015年の慰安婦合意では慰安婦問題は解決できない。合意の再交渉…
  4. 2018-2-21

    【韓国】文大統領に「慰安婦合意への明確な立場表明」を求める請願開始 一方で「文大統領にはもう何も期待していない」

    やっと韓国でも文大統領が韓国を取り巻く諸国のご機嫌取りと、国民のご機嫌取りをしていることに気が付いた…
  5. 2018-2-21

    安倍首相VS朝日新聞 朝日のセコ過ぎる記事は国会での首相の発言に対する反抗か?宣戦布告か?ネットでは「仕込んで印象操作」の声

    散歩中の安倍首相に「憲法改正しないで」 返事は… 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸近く…
  6. 2018-2-20

    【河野太郎外相が凄い】”ロシアより中国”安保会議の発言で欧米の注意の目を中国に変えさせた

    河野太郎外相、独の安保会議で中国に警鐘「操られないよう注意しなければならない」 河野太郎外相は…
  7. 2018-2-19

    記者に『殺すぞ』暴言の兵庫・西宮市長、わずか1期4年での退任表明!

    取材しようとした読売新聞の記者に「殺すぞ」と暴言を吐き、問題になった兵庫県西宮市の今村岳司市長(…
  8. 2018-2-19

    「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」イ・ギフン体育会長がVIP席を占拠して暴言

    【韓国】イ・ギフン体育会長がIOCのVIP席を占拠。「IOCは大したことない」「韓国が開催国だ」など…
  9. 2018-2-18

    【「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ】他人の不幸は喜ぶくせに自分には過剰に反応する韓国

    [ 社説 ]「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ 他人の不幸や痛みの前で笑…
  10. 2018-2-18

    【酷い演説】活動家を前に安倍総理への暴言を繰り返す野党議員の面々

    杉尾秀哉「安倍総理は独裁者!政権の座から引きずり降ろせ!」 活動家達「そうだーーーー!…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。