Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NARUTO感動シーンまとめ~少年編~

世界規模で大ヒットのNARUTO。ネットやTwitterでも話題となった大人気作品です!家族や友人の存在・生き方と死に様、必ず自分の中で大きなモノを得られる作品なので、原作やアニメをもう一度読見てみましょう!泣ける話ばかりですよ!

「お前は俺の優秀な生徒だ!」

イルカ先生・・・

いい人すぎる(泣)

NARUTO第1巻で最初に泣いてしまったシーンがここだったー!!

自分の存在すら認められず、孤独の中にいたナルト。
そんなナルトにとって、初めて存在を認められる言葉が贈られた。
それも面と向かってではなく、たまたま聞くことが出来た自分への想い。
紛うことなきイルカの本心を表している。

化け物なんかじゃない!俺の優秀な生徒のうずまきナルトだ!

これまで里のみんなから化け物と蔑まれ邪険な扱いをされてきたナルトにとって、これほどまっすぐに自分を認めてくれ嬉しい言葉はないだろう。

イルカ先生に認められたことは、ナルトの中で大きな自信となり、里の嫌われ者を英雄へと成長させた。
そして贈られた言葉だけでなく、イルカ先生という人物そのものが、ナルトにとっての支えとなった。

今までありがとう~ハクに伝えれなかった言葉

自分の事を道具として忠実にザブザに従ってきた。
役に立てないなら死んでしまおうとした。
最後の最期までザブザを守るために死んでいった。
そんなハクにありがとうを伝えれなかった・・・

優しすぎるハクは天国へ、残酷な俺は地獄へ、おそらくそうなるがそれでも…【出来るならお前と同じ所へ行きてぇな】

ナルトとガアラは似た者同士~化け物同士の戦いの行方

我愛羅好きすぎました。

大人の都合で体の中に化け物を入れられ、自分の存在を化け物として忌み嫌われ、孤独な人生を歩んできた。

他の子供たちには、普通に両親が居て楽しく過ごし、普通に友達が出来て遊ぶ。
その普通がどれほど羨ましく、欲しいと思ったことか。

《化け物・忌み子・孤独》そんな共通点を持つ二人が過去の辛い思いを、憎しみを力に変えてぶつかり合う。

戦う前から結果は決まっていた。
ガアラは今も孤独で憎しみしか力に出来ない。
ナルトは、過去の辛い思いと友達を守りたい二つの気持ちを力に変えて。

「人は大切な何かを守りたいと思ったときに本当に強くなれるものなんです」
ハクに言われた言葉はナルトが誰よりも知っていた。

イルカ先生に認めてもらった。カカシ先生に他の生徒と同じよう平等に扱ってもらった。サスケとサクラちゃんは同じ班の仲間だ。
欲しくて欲しくて仕方がなかった人との繋がりがやっと出来たんだ。

そんな繋がりは…ガアラ、お前を殺してでも守り抜く。

共通の過去を持つ二人が、気持ちをぶつけ合い死闘を演じた。
立場や過去は関係ない…ガアラこれからは友達さ。

 

いかがでしたか?むしろ私がまた読みたくなってしまいました(笑)

まだまだ書きたいシーンはたくさんありますが、今日はこの辺にしときます★

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧