• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 立民の安田真理氏、違法行為継続!「おしどりマコ」への崇拝を示し、阪神と阪急を混同(参院候補・兵庫県)

立民の安田真理氏、違法行為継続!「おしどりマコ」への崇拝を示し、阪神と阪急を混同(参院候補・兵庫県)

立憲民主党が兵庫県に投下した安田真理氏という珍候補。先日、政治知新で、安田氏の公職選挙法違反の数々の行為を指摘したところ、ぴたっとSNSなどで公開をやめた。

しかし、そんなことでへこたれる安田氏ではない。彼女の後援会がうっかりネットに違法行為をUPしてしまっていた。つまり、現在も違法行為を彼女は続けている。

また、あの放射能デマのおしどりマコへの崇拝を示した他、地元選挙区なのに阪神と阪急を間違える地元への関心のなさを露呈していた。

政治知新の指摘後やめたふりしていた違法行為をうっかり支持者がUP

先日、政治知新では、安田真理氏の公職選挙違反の行為の数々を指摘した。

公職選挙法では、選挙期間前に名前入りのタスキを着用することを「事前活動」に該当するとして明確に禁じている。しかし、安田氏は上記のように参議院議員選挙の公示もされていないのに、あの手この手で名前入りタスキを着用し、違法行為を行っていた。

これについて5月10日の政治知新で指摘したところ、安田氏は公式のSNSでは、名前入りタスキを使用している写真は見られなくなった。代わって以下のようなタスキが急に登場。

これで一安心。安田真理氏も法律を守ってくれるようになったと思ったが、これは見せかけだった!

以下は安田真理氏の支援者が「勝手に」やっているというアカウントによる6月1日の投稿。

!?

拡大してみよう。

名前入りタスキを装着しているではないか!つまり、政治知新や有権者から批判されるからSNSにはUPしていないものの、うっかり支持者が証拠写真をUP。実際には今も違法行為をバリバリやっていたことになる。

こういう姑息で卑劣な順法精神のない人物は参議院議員にふさわしくない。

地元なのに阪神と阪急を混同

安田真理氏は兵庫県からの出馬を予定している。兵庫県と言えば、阪神と阪急は二大企業だ。東日本の人間ならともかく、関西の人間で区別がつかない人間はいない。地元を愛しているならば当然だ。

しかし、安田真理氏はこれがわからない。しかも自分が訪問したのに、だ。

阪急武庫之荘駅」で演説を行った安田氏。しかし、彼女は阪神武庫之荘駅」と思いっきり間違えて謝罪している。

「兵庫県民じゃないから間違えても仕方ないよね?」というツッコミまで受ける始末。安田氏は石川県に生まれ、NHK富山のアナウンサーを務め、その後は東京でアナウンサーをしており、兵庫とは縁もゆかりもないからだ。

もちろん、落下傘候補でも真剣に地元のことを考えていればよい。だが、自分が行った場所なのに阪神と阪急を間違えるような適当さを示す安田氏が、地元のことを真面目に考えているとは思えない。

おしどりマコを崇拝する「放射脳」だった!

立憲民主党が誇る被災地差別&放射能デマを息をするようにする、おしどりマコ(参議院議員候補)。今や立憲民主党の支持者からも彼女を擁立したことへの批判が相次いでいる。

放射能デマの元祖として有名なおしどりマコ(立憲民主党参議院議員候補)

だが、安田真理氏は全力で擁護を始めた。

ニセ科学と闘う、大阪大学教授の菊池誠氏からの批判に対し、おしどりマコは「放射能デマ発信者」ではないと主張した上に、その根拠を示せという。

安田真理氏は「物理学者としてニセ科学と闘う菊池誠教授よりも、売れないお笑い芸人であり、放射能デマを繰り返すおしどりマコの方が科学的に正しい」と言っているに等しい。とんだ放射脳としか言いようがない。

それ以前に、おしどりマコの主張が放射能デマなのは明らかだ。

上記はおしどりマコのばら撒くデマの氷山の一角だが、東京の水からは2011年3月22日の測定開始以降、放射性セシウムは全く検出されていないのに平気でこういう嘘をつく。

なお、他のデマの詳細については先日の「おしどりマコ氏、「日本人は愚民だ」と最低の暴言、そして、7つの大罪」をご覧いただきたい。

そして、安田真理氏も放射能デマをばらまき始めている。例えば、6月2日にも怪しげな放射能の勉強会に参加し、デマを吹聴している。

これに菊池教授は「不溶性セシウム(セシウムボール)が検出されているのはごくわずかなので影響を心配する必要はありませんが、その点はご存じですか?東電原発事故で放出された放射性物質の危険性を実態以上に煽る主張に与されるようです」と批判をしている。


安田真理氏の問題発言や行動はこれに留まらない。まだまだあるが、こういう珍候補を落下傘で投下された兵庫県民にとっては迷惑この上ない。兵庫県民は、立憲民主党に怒っていい。いや、怒って欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧