Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

漫画アニメで主人公を喰ってしまった強烈キャラクターランキング!

私は漫画が大好きです!もう何十年読んでいるんでしょうwww
どの漫画アニメにも名物キャラがいますよね
今回はそんなキャラクターでも、完全に主人公を喰ってしまっているキャラクターを紹介します。

あなたのお気に入りはいるでしょうか?

 

まずは、2016年にgooランキングの発表をご覧ください

ジャンプで圧倒的に主人公をくってたキャラクターランキング

1位 流川楓(SLAM DUNK)530票

2位 L(DEATH NOTE)411票

3位 ベジータ(ドラゴンボール)402票

4位 跡部景吾(テニスの王子様)287票

5位 DIO(ジョジョの奇妙な冒険シリーズ)257票

6位 うちはサスケ(NARUTO)233票

7位 キルア=ゾルディック(HUNTERXHUNTER)228票

8位 飛影(幽☆遊☆白書)179票

9位 蔵馬(幽☆遊☆白書)178票

9位 レイ(北斗の拳)178票

gooランキングより以下の結果はコチラから

なるほど!確かにどのキャラクターも強烈な存在感ですね。

では次に私が思う主人公を喰ってしまったキャラクターランキングです!(ジャンプに限りません!私の知ってる漫画に限りますのでご了承を)

個人的なのでご批判ご意見はTwitter上で受け付けます(笑)

私が思う主人公を喰ってしまったキャラクタートップ10

1位 ラオウ(北斗の拳)

もうこの存在感は他の追随を許しません。最初は悪だと思いましたが回が進むにつれその人間性に触れ多くの人が虜になったでしょう。北斗の拳はどのキャラも強烈すぎてすべての人物がケンシロウを喰っていると言ってもいいでしょう。私が漫画史上最も好きでラオウの最後には涙しました。

2位ラムちゃん(うる星やつら)

多くの人はラムちゃんが主人公だと思っていると思います。もう主人公といってもいいでしょう!完全に主人公を乗っ取ってしまったキャラクターですね。世間的には最強の主人公を喰ったキャラでないでしょうか?

3位バカボンのパパ(天才バカボン)

最初の設定は息子のバカボンが主役だったんですが、作者の赤塚不二夫先生が書いてるうちにこっちの方が面白くなっちゃって事実上主役を食って主役になってしまいました。

4位範馬勇次郎(刃牙シリーズ)

 

主人公の範馬刃牙の父親で勇次郎一人でアメリカの軍事力に匹敵するという無茶苦茶なオヤジ(笑)ラオウ同様強烈なキャラに信者も多数。

5位鷹村守(はじめの一歩)

ラオウといい勇次郎といい、この辺のキャラは作者が意図して主人公を喰わしてしまっているんでしょう。鷹村も圧倒的強さと滅茶苦茶な人間性で主人公を振り回しています。

6位岩鬼正美(ドカベン)

加えたハッパと学帽がトレードマークやはりこういう破天荒キャラはどうしても個性が強いから主人公を喰ってしまいますね。ドカベンはやはり野球漫画の王道で今チャンピオンでは最終章を掲載中です。

7位ボンクレー(ワンピース)

ワンピースはキャラの宝庫で他にもエースとかゾロとか魅力的なキャラが多数。しかし、これは完全に私の個人的に見解で最も好きなキャラをあげてしまいました。ボンクレーファンが多数いることをいのり、ボンクレーの再登場を強く望みます!

8位羌瘣(キングダム)

私がいま最もハマっている漫画の一つ。主人公信の率いる飛信隊の副将を務める。数奇な生立ちと戦場のヒロインという儚そうなキャラだが実際はその剣技は主人公を上回る。回が進むにつれ綺麗になりファンも多数。王騎将軍も非常に魅力的だが亡くなってしまったのでこれからの期待と可愛さから羌瘣がキングダムからランクイン。

9位綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン)

最強のヒロインの一人と言っていいでしょう。本当はもっと上位にランクインさせたかったのですが…どうしても思い入れの強い漫画を上位にしてしまいました。綾波レイ新世紀エヴァンゲリオンの人気は今なお根強く多くのファンがいる。

10位浅倉南(タッチ)

私が思う漫画史上3大ヒロインの一人。他二人は上位にあげてるラムちゃん・綾波レイです。浅倉南のその人気は社会現象にもなり明石家さんまに理想の彼女と言わしめた存在。

いかがでしょうか?
他にも強烈なキャラクターは沢山あり、非常に迷いました。
みなさんもそれぞれ思い入れのあるキャラクターがいると思います。
また機会があれば違うランキングをしてみたいと思いますので、その時はまた見て頂けたら幸いです。
最後までお付き合いありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧