小池百合子氏が希望の党の代表辞任へ 都政に専念する意向か!旧民進乗っ取りコンプリート【SNSの反応は?】

希望の党の小池代表(東京都知事)は、党執行部人事が14日の同党の両院議員総会で決まることを受けて、代表を辞任する意向を固め、周辺に伝えた。
小池代表は衆院選後、「創業の責任がある」などとして代表を続けていたが、都政に専念する必要があると判断したとみられる。

小池代表は安倍首相が衆院解散を表明した今年9月25日、自らが代表を務める希望の党を設立。衆院選では過半数を超える候補者を擁立したが、当選は50人にとどまり、敗北を喫した。衆院選の投開票日、小池代表は出張中のパリで、「今回は完敗。私自身にもおごり、慢心があったのではないかと反省している」などと述べた。YOMIURI ONLINE

関連記事

「鉄の天井あると知った」と小池知事 前駐日米大使のケネディ氏とパリで対談

「都民ファースト」4人落選 東京・葛飾区議選、当選1人で大失速

SNSの反応


「小池知事が途中で投げ出した」や「希望の党が乗っ取り完了」との声が多かった。
先の葛飾区選挙の結果も退陣の大きな要因の一つではないだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧