社民・福島瑞穂「防衛費を減らし、給食の無償化に当てるべき」と、安全保障も災害時の自衛隊派遣も考えていない。

福島瑞穂氏;防衛費を減らし、給食の無償化に当てるべき。福岡の女性たちが応援してくれています。地元でがんばる女性たちです。社民党の候補者の女性比率は7割です。がんばる女性を国会へ!2枚目の比例区の投票用紙は、 #社民党

女性受け狙いがミエミエ。

福島氏は、安全保障も関係なければ、災害時の自衛隊派遣もいらないという考えなのでしょう。

福島氏は「就学援助」制度を知らないらしい。

就学援助とは、学校教育法第19条で「経済的に就学困難と認められる学齢児童又は学齢生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない」ということで、生活困難者が自治体に申請すれば子供の給食費を援助してもらえるシステムです。

それともう一つ、まだ少ないが、各自治体の働きにより給食費の無償化は進んでいます。

国会議員なら知っていると思うんですけど。

福島氏の投稿へのリプライが以下の通り。

この他にも辛辣な意見が続きます。

福島氏の投稿なのに、福島氏を肯定する意見は見当たりませんでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧