【れいわ新選組】山本太郎氏の2013年のブログがネットで話題に「東日本の食材を 僕は食べない。」

「風評被害?実害だよ!」 | 山本太郎オフィシャルブログ「山本 太郎の小中高生に読んでもらいたいコト」Powered by Ameba

投稿日 2013年5月8日
https://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11526179168.html

君が食べた 朝ご飯、安全だった?
君が学校で ほぼ毎日食べる 給食、安全かな?
残念ながら、かなり食べ物に対して 気を使わなければ あなたの身体は被曝(ひばく)し続ける。

何故?

国は東電原発事故による汚染が広範囲に及ぶ事実が知れると「核発電を放棄する」事態に追い込まれるので決して細かな「土壌汚染調査」はやらない。

リアルな汚染を認める事により 農業、漁業者、移動する人々への 補償・賠償をする事になるので「この件はごく一部地域を除き 終了しました」と言う振りを続ける。

つまり、土壌調査をやれば汚染がバレちゃうし、お金掛かるから 、やーめた、って話。

中略

放射性物質を食べてしまっても、身体の外に出てくれるなら、少しはマシかも知れない。

だけど 筋肉や骨に取り込まれた放射性物質は、身体の外に出るかな?

あなたの身体の中で放射線を発し続けて あなたを被曝させ続けるよ。

国やメディアは、「ヨウ素」「セシウム」しか存在していない雰囲気を作っているけど、子どもたちに殺人的な安全基準を与えた文部科学省でさえ 東電原発事故で飛び出した放射性物質は 31種 以上 だって。

じゃあどうやって自分の身体を守るのか。

国や東日本の自治体がセシウム以外の多くの核種、土壌汚染を細かに調べないのであれば
東日本の食材を 僕は食べない。

「酷いじゃないか!そう言う考え方が 風評被害を生むんだ!」
って人もいるだろう。

冷静に考えて欲しい。

危険な物質を山ほどバラ撒き続け 未だ漏れっぱなし、二年経っても汚染地域をハッキリとさせずに食物の生産が続く。
風評被害などではなく 、完全な 「実害」なんだ。
前文はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧