都民ファースト、塾の受講料収入で1.6億円 収支報告

小池百合子・東京都知事による政治塾を運営するため、2016年9月に設立された政治団体「都民ファーストの会」が、塾の受講料などで計1億6800万円を集めていたことがわかった。

16日に都選挙管理委員会が公開した政治資金収支報告書で明らかになった。

 

小池知事は16年7月の都知事選で当選したのち、政治塾「希望の塾」を立ち上げ、同年10月30日に第1回を開いた。この年は11月と12月の計3回、都内の大学などで講義を行い、最終的に計3900人が塾生となった。今年3月末までに計6回開かれた。これとは別に都議選候補の養成のための都議選対策講座も、今年に入って5回開いた。

入塾料と受講料は、一般男性で5万円、女性4万円、25歳以下の学生は3万円だった。収支報告書によると、収入は希望の塾による1億6881万円のみで、企業や団体、個人からの寄付はなかった。

支出は、186万円の会場警備代や57万円の託児所費など、講義費用として計273万円。そのほか、人件費や交通費、ホームページ作成費などを含めた支出総額は919万円だった。

差額となる1億5900万円は、今年に繰り越された。

繰り越した資金の使途について、今年7月の都議選の選挙活動資金に使ったかどうかなど、都民ファーストの会に質問した。同会は代理人弁護士を通じて「17年には受講料以外の収入もあり、判断するのは難しい。(来年公開される)収支報告書で確認してほしい」と回答した。朝日新聞より

 

【関連記事】

【速報】小池政治塾「希望の塾」1億6千万円儲けていた 都民ファーストの会2016年度収支報告書

1: 名無し募集中。。。 2017/11/16(木) 10:33:37.55 0

 東京都の小池百合子知事が実質的に率いる「都民ファーストの会」の2016年分の政治資金収支報告書が16日付で公表された。都民フの収支報告書公表は初めて。
収入総額は約1億6881万円で、全額が政治塾「希望の塾」の事業収入だった。支出は約919万円で、収入の大半が繰り越された。

都民フは小池氏の政治塾「希望の塾」の運営母体として16年9月に設立され、17年1月に地域政党となった。政党、政治資金団体を除く「その他の政治団体」で、東京都医師政治連盟(約2億2320万円)に次いで2番目に収入が多かった。

希望の塾は追加募集も含めて約4千人が参加。受講料は男性5万円、女性4万円、学生3万円で、17年3月まで計6回講義を行った。

収支報告書によると、支出の内訳は人件費約234万円、希望の塾の事業費約273万円などだった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23538740W7A111C1CC0000/

2: 名無し募集中。。。 2017/11/16(木) 10:36:05.17 0
来年以降はもうこんなに儲からないだろうな

 

3: 名無し募集中。。。 2017/11/16(木) 10:44:44.56 0
元民主隠しの看板代と思えば安いもんだった

 

4: 名無し募集中。。。 2017/11/16(木) 10:45:44.18 0
2016年の話だから希望の党は関係無いぞ

 

5: 名無し募集中。。。 2017/11/16(木) 10:47:26.48 0
2016年は猪瀬とかケケ中を呼んでた頃だな

 

6: fusianasan 2017/11/16(木) 10:53:03.22 0
小池が石原を叩きだしてから
猪瀬全然テレビで見なくなったな

 

7: fusianasan 2017/11/16(木) 12:00:43.27 0
男性5万円女性4万円
おもいっきり男性差別
男性よ、
もうこんな国すてようぜ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧