橋下氏が「関西生コン」を辻元清美に地上波で追及!一方、池上彰氏の醜態

『取材しないジャーナリスト』池上彰の凋落ぶりがひどい。

今回の参議院議員選挙の特番で多くのボロを出した。

それに対して、多くの国民から歓迎されたのは橋下徹氏。評価されたのは、地上波で、辻元清美に対して生コン問題を詰め寄るという追及劇だ。

池上彰、二階幹事長に「ほぉ~」と偉そうな口を利く

池上氏は、こともあろうに、二階幹事長の発言を曲解し挑発した上に、「ほぉ~」などと上から目線で応じた。

自民党の二階俊博幹事長とのバトルは、同氏の「選挙を一生懸命頑張ったところに予算をつける」との発言をめぐって起きた。

「一生懸命頑張っていただいた人たちに対しては、それなりの対応をしていくのは当たり前のことではないか」と言う二階氏に、池上氏が「ほぉ~」と応じると、二階氏は「ほぉ~って何ですか!」。

池上氏が「予算をエサにして選挙を優位に誘導しようということではないか」と突っ込むと、二階氏は「そんなゲスなことを言っているわけではない!」と怒りをにじませた。

引用元 池上彰の「ほぉ」で、二階氏キレる

二階幹事長の発言は、政党の幹事長としての方針を示しただけであり、なんら問題はない。

池上彰の批判は、因縁に等しい。しかも、彼は二階幹事長の反論に対し、「ほぉ~」と偉そうな態度で応じたのだ。

この池上彰が出演した選挙特番「池上無双」について、左派からも批判的な声が相次いでいる。

 

茂木健一郎:

「いろいろな人が言っていることだけれども、『池上無双』も、投票締め切った後にやっても、それはエンタメとしては面白いけれども、ほんとうはあまり意味がないわけで、なぜこれを選挙期間中にできないのか。」

 

想田和弘:

「こうなると開票速報見るの、積極的に拒否したくなるな。選挙のプロセスを報道しているという幻想とアリバイを作るだけの、作り手の存在を全く賭けようともしないヌルくて安全な仕事を、なんでわざわざ見なくちゃいけないんだよ。「池上無双」、選挙中にやってくれよ。でなきゃ見る価値ないよ。」

要するに、池上無双とやらに飽き飽きしているようだ。

池上彰はコメント盗用の常習犯

そもそも、池上彰は、人のコメントを盗用して批判を受けた人物だ。

例えば、八幡和郎氏が池上彰からコメントを盗用されたことを公表した際、以下のような声が相次いだ。

『全く同様の経験があります。私が関連するホームページの中身をテレビで発表したいと言って、事務所の人間が取材。こちらも喜んで懇切丁寧に説明しました。

ところが最後に「池上の方針で池上の意見として」と、全く同じ言い方をしたのです。

何が池上の方針だ!

かっぱらいが「これからお宅の商品をただで持っていくが、決して泥棒じゃないよ。それが俺の方針だ」と言うようなもの。すぐに断りました。ジャーナリストなんて言ってますが、記事泥棒ですね。説教泥棒っぽい感じもありました。

引用元 池上彰「パクリ疑惑」へ「Me Too」騒動

要するに、池上彰とは、この程度の歩くWikipediaなのだ。大学生のレポート以下の存在。

 対する橋下無双

一方で、今回の選挙特番で光ったのは、橋下徹元大阪市長である。

橋下氏は、過去、日本のメディアが黙殺してきた、戦後最悪の逮捕劇「関西生コン事件」と辻元清美の関係性を、公共の電波で明らかにしたのだ。

橋下徹「辻元さんは良く説明責任の話をされる今いろんな所で反社会勢力との関与が問題になっているけど、大阪は今『関西生コン』という所が非常に問題になってます。犯罪として摘発されています。そこの『関西生コン』のトップと辻元さんは非常に親しいということが色んな所に出てますけども、『関西生コン』の武健一容疑者との関係性、これしっかりとこれから説明する予定ありますか?

辻元清美「社民党時代にも随分応援してもらったことがあります。ただ、どういう実態で摘発されているのか良く分からないです。それが今のところ、ちょっと戸惑ってるところです。」

橋下徹「辻元さん、政権を批判するエネルギッシュなとこは評価していますが、やっぱり詐欺だとか『年金詐欺』だとか、僕のことも『ペテン師』呼ばわりするとかね。それは違うと。やっぱり辻元さん、過去振り返ってみてくださいよ。詐欺罪で有罪判決を受けてるじゃないですか」

https://www.youtube.com/watch?v=P3ieA2fCnxA

今まで、日本のメディアは、韓国国内の勢力と生コンの密接な関係に忖度してか、ずっと沈黙してきた。

しかし、それを橋下氏は明らかにしたのだ。まさに快挙である。

ぜひ動画もご覧いただきたいが、これこそメディアがやるべき仕事だ。

池上彰と違い、橋下元市長は、事実に基づいて矛盾を突き、具体的な腐敗を明らかにしている。

アナウンサーが仕事を果たさず、弁護士がメディアのやるべき仕事を果たす。メディアは恥を知るべき。

そして、池上彰は、たまにはご自分の足で現場に取材に行ってはいかがだろうか。取材しないジャーナリストは、望月記者だけで十分だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧