• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 山本太郎「ぼくは斎藤まさし(公民権停止中の北朝鮮シンパ)が生み出した千分の一!」。斎藤まさしはよど号ハイジャック犯と拉致事件犯人の息子も支援。

山本太郎「ぼくは斎藤まさし(公民権停止中の北朝鮮シンパ)が生み出した千分の一!」。斎藤まさしはよど号ハイジャック犯と拉致事件犯人の息子も支援。

いよいよ臨時国会が始まった。新党として国政参加するれいわ新撰組、そして同党を率いる山本太郎氏に注目が集まっているが、その山本氏の選挙ブレーンをかつて務め、先の参議院議員選挙でも何らかの関与がささやかれている人物がいる。

現在、公職選挙法違反により、公民権停止中である「市民の党」斎藤まさし氏である。

斎藤まさし氏と「市民の党」は北朝鮮と深い関係

斎藤まさし氏は、菅直人衆議院議員、後藤祐一衆議院議員、そして、山本太郎氏などの極左系政治家の選挙参謀を務めてきた、名うての人物である。「市民の党」とは、斎藤氏が創設した極左政党で、民主党からの資金還流が問題視されてきた。

斎藤氏は、北朝鮮と親密な関係があると言われている。また、赤軍派に共感を示しており、2003年の対談記事では「革命一筋。この30年間他に何も考えたことはない」と述べ、自らを「レーニン主義者」と自己紹介するほどの人物。

また、彼は、赤軍派のよど号ハイジャック犯と面会し、その対談内容を機関紙に寄稿するなどしていたが、極めつけは、そのよど号犯人の息子を2011年の三鷹市議会議員選挙に擁立したことだ。三鷹市は、言うまでもなく菅直人の地元である。

その人物は、「よど号ハイジャック犯の田宮高麿」と「日本人拉致問題への関与で国際手配中の森順子」の長男、森大志氏である。森氏は、21歳まで北朝鮮で生まれ育ち、北朝鮮で教育を受けた。

斎藤氏は、両親とも国際犯罪者である森氏を、帰国からたった7年で、自らの政党から出馬させたのである。ここまでやっていれば、北朝鮮との関係を疑わない方がおかしい。

なお、「拉致被害者を救う会」会長の西岡力氏は、「酒井(斎藤まさし)代表がよど号犯やその子供らと会えたことは、北朝鮮が酒井代表を同志と考えたか、対日工作に利用できると判断して許可を出したことになる。酒井や市民の党が北と密接な関係にあったのは明白だ」と批判している。

選挙違反の常連!逮捕された挙句、公民権停止!

しかも斎藤氏は、選挙参謀なのに、選挙違反の常連だ。選挙プランナーの三浦博史氏は次のように斎藤氏を評している。

静岡県警は26日、自称選挙プランナー、斎藤まさし逮捕と報道しています。

この人は、とにかく選挙違反やり放題、し放題で、何度も公選法違反をくぐり抜けてきた最低の選挙プロです。

私も、千葉県知事選や新潟知事選、沖縄知事選等で、よく相手候補についていましたが、まあ、どうしようもない選挙違反をやり続ける人で、言葉も出ませんでした。

決して選挙は強くありませんが、旧態依然とした手法で、違反ポスターや違反ビラは当たり前というやり方でした。

静岡県警に拍手を贈りたいと思います。

引用元 選挙プロ、斎藤まさし逮捕

三浦氏によれば、斎藤氏は選挙違反の常連で、ついに逮捕されたという。2015年5月26日、静岡県警に逮捕され、2016年に懲役2年執行猶予5年、公民権停止5年の判決を受けた。つまり、現在も公民権は停止中であり、選挙への関与は出来ない。

そして、この人物と深い関係にあるのが、山本太郎氏なのである。

山本太郎氏と斎藤まさし氏の熱い絆!

まずは、以下の動画をご覧いただきたい。

上記は、山本太郎氏が斎藤まさし氏の公選法違反裁判のイベントに登場した際のやり取りだが、両者の深い絆を感じる。

女性「斎藤まさしさんが国会に送り込んだっ!と言っても過言ではないと思いますが、山本太郎さんですっ!」

山本太郎氏「斎藤まさしが生み出した、千分の一でございます」

また、2013年の山本太郎氏の選挙参謀を務めた斎藤まさし氏は、二人で仲良くベランダで密談する様子を写真週刊誌に撮影された。

さらに、その斎藤まさし氏が、2019年の選挙でも暗躍していたのではないかという証言がある。ジャーナリストの安積明子氏は次のように語る。

参議院選挙戦の2度目の土曜日、山本太郎氏が率いる「れいわ新選組」の街宣に行ってみた。(中略)

その中で偶然に見かけたのが、山本氏の選挙ブレーンと言われる斎藤まさし氏の姿だ。山本氏の演説に魅入っている聴衆の塊の背後を黒いバッグを持った白髪の男性が通りすぎ、人混みの中に入って消えた。「れいわ新選組」のテーマカラーのピンク色のチェックのシャツを着たその人の顔は、確かに斎藤氏だった。そういえば山本氏が初出馬した2013年の参議院選でも、斎藤氏は聴衆の背後から山本氏の演説を見守るように微笑みを浮かべて眺めていたのを思い出した。

引用元 「れいわ新選組」山本太郎氏の闘いを今回も見守る“あの人”の存在感(安積明子)

やはり、今回の参議院議員選挙でも、公民権停止中で北朝鮮と繋がりの深い人物が、山本太郎氏の選挙に関与していたのか!?そうした疑惑を持たざるを得ない。

山本太郎氏は、本来であれば釈明会見を開くべきだ。しかし、ここまで状況証拠が揃っていれば、北朝鮮と関わり合いのある斎藤まさし氏との関係、今回の選挙戦における斎藤氏の役割は自明だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧