非情!山本太郎、ふなご議員へのリンチを放置!一方、ふなご議員を慰め、20年以上も支えてきた安倍総理。

史上初のALSという重い障がいを抱え、国会議員となった、ふなご靖彦参議院議員。

彼のラジオ番組でのちょっとした、他愛もない発言が、れいわ新選組支持者の間で大炎上し、リンチ状態となり、謝罪文を書かされる羽目になり、それでも彼はれいわ新選組支持者に許してもらえない状態だ。

このこと皆さん知ってますか?ほとんどの国民は知らないと思います。

このあたりが実は、このれいわ新選組の極めて危険な側面であり、闇であるのだ。

そして、この間、山本太郎代表はダンマリで、事実上、リンチ状態のふなご議員を見捨てた。しかし、安倍総理は、こうした障がい者への不当なリンチを不味いと思ったのか、親しく、ふなご議員を官邸に招き、慰めた。そして、安倍総理は実に20年近くも、ふなご議員の障がいに向き合ってきたのだ。

障がい者を交流する安倍総理。

ちょっとした発言でリンチ!障がい者に残酷な「れいわ新選組」

8月14日、TBSラジオ番組に出演した、ふなご靖彦参議院議員は、「重度障がい者には生産性がないという偏見は、戦後のGHQによる教育や文化政策に原因がある」との主張を行った。

重度障害者には生産性がないという確定した思いがあるからです。かと言ってその方々を責めているわけでは全くありません。

大東亜戦争の日本が弱体化するために GHQ が導入した教育や文化が要因と考えていますが、具体的には掴みきれていません。

引用元 【インタビュー全文字起こし&音声配信】特集「重度障害者の「#れいわ新選組」・木村英子議員、舩後靖彦議員に聞く」▼2019年8月14日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

これが実際に正しい認識かどうかはともかく、ちょっとした一議員の発言でしかない。もっとひどい発言は、他の議員を見てみれば腐るほどある。もしこれが重罪だとすると小西参議院議員などは、1000回以上の議員辞職者だ。

しかし、それが「れいわ新選組」には許せなかった。

左翼お得意の総括、リンチが始まった。

先頭に立って、リンチを煽ったのは、パパ活の権威、前川喜平だ。

最低だ。これが日本の教育界のトップにいたのだから恐ろしい。
この点はこうした人物を事務次官の要職にしてしまった総理も反省すべき点だろう。

そして、その他の支持者たちも一斉に批判を始めた。

謝罪しても許してもらえない。ダンマリのクズ山本太郎。慰めた安倍総理。

8月20日、ふなご議員は、リンチの結果、謝罪した。

先の大戦について、「大東亜戦争」と呼んだことについては、この言葉が持っている様々な意味について、あまりに無頓着だったということです。これは私の未熟さであると気づきました。

(中略)

自分が理解していない、「戦後教育の影響」について発言する事になってしまったことで、私の本意ではない印象を与えてしまうことになってことについて心苦しく思っています。

令和元年8月20日 舩後靖彦

引用元 ふなご靖彦

しかし、これに対して、支持者からは以下のようなリンチが続いた。

絶対に、ふなごを許さない!という「れいわ新選組」の意気込みが伝わってくる。

じゃあどうしてこうした人物を選んだんだ?選んだ人々にも責任があるだろうし、党首にもあるだろう。

さらに、ふなご氏が「令和元年」と記載したことに対しても、批判してくる始末。

しかし、こうした揚げ足取りによる誹謗中傷が殺到する間、山本太郎は支持者をなだめることも、ふなご議員を助けることもなく、高みの見物だった。お前が選んだんだろう?党首として。山本太郎!!!助けてやれよ。

この件を見ているだけで、山本太郎は、所詮、障がい者を政治利用したいだけの男だということがよくわかる。

そして、安倍総理が動いた。

ふなご議員を官邸に招いた、安倍総理は、20年来の友人

実は、安倍総理はふなご議員とは、20年近くの友人であり、このこともあり、安倍総理は障がい者問題に熱心に取り組んできた。

安倍総理の2016年の国会答弁を見てみよう。

○内閣総理大臣(安倍晋三君)

私は、幹事長時代でありますからもう十五年ぐらい前だと思いますが、千葉県の千葉市の駅前で街頭演説をしていたときに、聴衆の中に車椅子で来ておられたALSの患者さんがおられまして、

障がい者と交流する安倍総理。

聴衆の中に入っていって握手をした際に、私のメールアドレスを入れた名刺をお渡しをしましたが、その後、船後さんという方でございますが、メールが私のPCに参りまして、それ以来ずっとメールでやり取りもさせていただいておりますし、その方の施設にもお伺いをしたことがございます。

(中略)

官邸にもお越しをいただいたことがございます。

 

引用元 平成28年5月23日 参議院決算委員会

安倍総理は、メル友だけでなく、ふなご氏のイベントやコンサートにも駆け付けていたという。ふなご氏は、この件について「安倍総理は優しい人」と絶賛している。

そして、今回、リンチ事件後、安倍総理は、ふなご参議院議員を官邸に招待し、激励した。

安倍総理の器の大きさと優しさがよくわかるというもの。

そして、今回の一件は、山本太郎の馬脚を改めて晒すことになった。

障がい者を政治利用することしかできないのが、山本太郎とれいわ新選組なのだ。

こんな山本のような人物を選んだ国民は、その責任を感じるべきだ。

そしてこうしたことを報道しないメディアの皆さん、ジャーナリストの皆さん。即刻メディア界から退場していただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧