• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 台風被害を利用して、安倍総理と自衛隊をデマで誹謗中傷した、坪井直樹アナウンサー

台風被害を利用して、安倍総理と自衛隊をデマで誹謗中傷した、坪井直樹アナウンサー

9月12日、またしてもテレビ朝日のアナウンサー坪井直樹氏が、台風被害を政治利用に使った。最低の行為である。

安倍総理に対し、内閣改造や憲法改正の前に、防災対策その他をやって国民を安心させろ、と主張したのである。しかし、安倍総理の下、自衛隊は、今回の台風被害に対し、的確に対応しており、国民が安心できないのは、メディアのせいである。

安倍総理と自衛隊をデマで中傷する坪井直樹アナ

まずは、坪井直樹アナの発言を見てみよう。

安倍総理は安定と挑戦の内閣と言っているが、医療、年金、国内経済どれをとっても、防災対策も、もう不安しかない。国民からすれば。

憲法改正の前に、安定とか挑戦の前に安心させて下さい。

引用元 グッド!モーニング9月12日

坪井アナは、安倍総理が憲法改正や内閣改造を優先し、台風被害や医療・年金・国内経済を放置しているかのように印象操作している。

しかし、今回の台風被害において、安倍総理の下、政府は最善を尽くし、自衛隊は今も行動している。

例えば、以下をご覧いただければわかるように、首相官邸と関係省庁は連絡室をいち早く設置し、備え、そして、いち早く動いた。

首相官邸

9月6日11時15分、情報連絡室設置

内閣府

9月6日11時15分、内閣府情報連絡室設置
9月10日14時、内閣府情報先遣チーム 千葉県庁へ向けて出発

関係省庁災害警戒会議

9 月 6 日 11時15分、令和元年台風第 13 号及び台風第 15 号に係る関係省庁災害警戒会議

防衛省・自衛隊

9月10日、04時00分に空自中部航空方面隊司令官(入間)に対し、また、同日04時30分に陸自第1空挺団長(習志野)に対し、千葉県知事から、災害派遣要請。
9月11日、06時00分に陸自第1空挺団長(習志野)に対し、千葉県知事から、倒木除去に係る災害派遣要請があった。
9月11日、15時00分に海自第21航空群司令(館山)に対し、千葉県知事から、入浴支援に係る災害派遣要請があった。

こうした事実を一切踏まえずに、政権批判に熱心なのが坪井アナなのだ。

そういえば、坪井アナは、「老後2000万円騒動」でも、こんなことを言っていた。

金融庁や大臣の話は、その年金制度を頼れない、頼るなと言ってるようなもので、朝から怒りたくないですけども、ほんとにがっかり!

(中略)

それを全部棚上げにして、老後2000万円、自分たちでなんとかしろっていう。どういう了見ですかねこれはね!

(中略)

707人の国会議員は何のためにいるんですか!本当に!安心して暮らせる社会のためにあるんじゃないですか!!

https://youtu.be/0vYZYubwS7Y?t=6

老後2000万円騒動は、あくまでも、長寿社会において、ある程度の遊興費を前提にすれば、年金だけでは暮らしていけないという現在でも当たり前の事実を指摘しただけだ。しかもこの事実は以前から政府も認識、指摘しているものだ。まあ、高給取りの坪井アナからしては、実際は何ら関係ないことなので、適当な発言をしているのだろう。

要するに、坪井アナは政府批判が出来れば何でもいいというだけの感情的な男なのだ。

まあ大学時代から浮ついた話も尽きない、いい加減な男だ。このことは別の機会にしっかりとみなさんにお伝えしよう。

しかし、坪井アナの指摘は、災害対処に全力をしている、自衛隊と安倍総理を誹謗中傷するものでしかない。

政治利用はNHKも!

そして、テレビ朝日と坪井アナ以外にも、メディアによる台風災害の政治利用が行われた。では、千葉県で大規模な停電が発生した。その対応をめぐって、NHKが報道した内容がこちら。

台風15号の影響で、12日も停電が続くなど、甚大な被害を受けた千葉市の熊谷市長は、記者団に対し「当初から、県をあげて、国に支援をもっと求めていくべきだった」などと述べ、千葉県や東京電力の対応を批判しました。

引用元 停電 千葉市長「県をあげて国に支援を求めていくべきだった」

このNHKの報道に、異論を唱えたのが、取材を受けたはずの熊谷俊人千葉市長だ。

災害復旧に全力を注ぐ千葉市長の発言を恣意的に解釈し、無意味な政治的対立点を作り出そうとしていた。

自然災害を政治利用しようとする、NHKの姿勢がよくわかる。


災害を前にしても、まともな報道も出来ない、しないのが、現在のメディアだ。できないのなら能力がないのでまだ許せるが、意図的にしないのは犯罪行為と一緒だ。

やはり、「放送法改正」によって「テレビ地上波全国放送への自由参入を認める」ことによる「報道の自由化」は、まったなしだ。特にNHKの特別扱いは絶対にやめないといけない。この改革によって公正な情報が国民に届くようにすることが絶対に必要だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧