• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース
  • 安倍総理の足を引っ張り続けた谷内正太郎氏は、「あんなの無理だ」と安倍総理を罵倒、挙げ句の果てプーチン大統領を激怒させ、東電からは何もしないのに毎月90万円のお金をもらっていた外務官僚!

安倍総理の足を引っ張り続けた谷内正太郎氏は、「あんなの無理だ」と安倍総理を罵倒、挙げ句の果てプーチン大統領を激怒させ、東電からは何もしないのに毎月90万円のお金をもらっていた外務官僚!

安倍新内閣が発足し、外交・安全保障の司令塔「国家安全保障局」のトップが、外務省の谷内正太郎氏から、「情報と諜報」のプロである北村滋内閣情報官に交代した。順当であれば、斎木昭隆元外務次官が就任すると、外務省側は思い込んでいたので、外務省の反発を呼んでいる。

しかし、この谷内正太郎氏は、解任になったのも当然の人物だったのだ。

谷内正太郎氏、日露交渉を破壊へ導く!

谷内氏の大罪の一つは、日露交渉を破壊し、現在の小康状態へと導いたことだ。安倍総理の粘り強い交渉とその「2島+α」という基本方針に問題はないが、谷内正太郎氏は大失態を犯し、妨害していた

以下、この件に関し、わかりやすい解説を引用する。

誰もが沈黙している事がある。

それは谷内正太郎国家安全保障局長(NSC局長)の大失策の事だ。

ここまでに至る安倍首相とプーチン大統領の6年間の北方領土外交交渉の中で、決定的に重要な局面があった。

それは、特命を受けた谷内正太郎NSC局長が2016年11月に訪ロし、カウンターパートであるロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談した時だ。

あの時、返還後の北方領土に在日米軍を駐留させることになるのかとパトルシェフ書記に聞かれた谷内正太郎局長は、(島に基地が置かれる)「可能性はある」と答えてしまった

そしてその事が報じられ皆の知るところとなった。

対米従属が身に染みついた外務官僚出身の谷内局長にとって、この言葉は当然のごとく口に出たに違いない。

しかし、彼はこう切り返すべきだったのだ。

そんな重要な事を自分に聞かれても答えることは出来ない。

その質問はプーチン大統領が首脳会談で安倍首相に直接聞くべきものだ。

そうプーチン大統領に伝えて欲しいと。

そうすれば、プーチン大統領も、身構え、本気になって安倍首相との首脳会談に臨んだに違いない。

ところが、この谷内局長の不用意な発言によって日本不利な立場に立った。

引用元 誰も書かない谷内正太郎NSC局長の大失策

とんでもない大失態だ!

北方領土は、ロシアの聖域であるオホーツク海の玄関口である。オホーツク海には、対米報復用の核ミサイルを搭載した戦略原潜が待機しており、これはロシアの生存の為に絶対に守り抜きたいというのがロシア政府の心情だ。

ロシア側の主張として、北方領土に在日米軍の駐留があってはならないという主張が出てくるのは、日本政府がそれを受け入れるかどうかは別であるが、当然の主張である。

であるから、2016年11月に、プーチン大統領の側近であるパトルシェフ氏は、谷内氏に北方領土への米軍駐留の可能性を問うたのだ。これは裏返せば、ロシア政府は、真剣に北方領土の2島を日本に返還することを検討していたのだ。

しかし、谷内氏は歯舞諸島・色丹島に、米軍が駐留し、活動すると即答してしまった。

これにはプーチン大統領もショックを受けた。日露関係筋によると、谷内氏の発言を伝え聞いたプーチン大統領は「シンゾウはどう考えているのだろうか…」とつぶやいたという。(参考

いったん根付いた不信感は消えない。大国に依存する国家をロシアは完全な主権国家とは認めない。谷内氏の思考停止発言により、ロシアは我国を主権国家ではなく、信頼できないと思い込んでしまったのだ。

せっかくうまく進んでいた「2島返還+α」を停滞させ、安倍総理の4選で成し遂げなければならないかもしれない状況下にしたのは、谷内氏の責任である。この谷内氏の大失言によるダメージを、安倍総理が取り戻さなければならないのは確かだ。

谷内氏、安倍総理を「あんなの無理だ」と罵倒!

しかも、谷内氏は、安倍総理から任された「北方領土交渉」を「あんなの無理だ」とべらんめぇ口調で、番記者に対して放言していたのだ。

これは安倍総理を侮辱しているのは勿論、ロシア側に安倍政権の真意を疑わせるに足る発言だ。

ロシアにノーを突きつけられた形の谷内氏領土問題の進展を半ば諦めているかのような発言も目立つ。毎週金曜夕方に行っている番記者とのオフレコ懇談では、「あんなの無理だ」とべらんめぇ口調で言い放つのがお決まりだ。

「任期中に二島先行返還を実現したい安倍首相との間に溝があるのは事実。谷内氏がパトルシェフ氏との交渉で、首脳会談で合意した内容を後退させることも多く、首相もよく『また谷内さんが……』と苛立っていました」(同前)

引用元 安倍首相と谷内氏との間にある溝

いったい谷内氏は、何様なのか。恥知らずとはこのこと。

谷内氏、東日本大震災後も東電から毎月90万円をもらう!

東京電力といえば、東日本大震災で福島第一原発事故を引き起こした企業である。この東京電力からのうのうと顧問として、お金をもらっていたのが、谷内正太郎氏である。(参考

しかも、平均で、月額90万円もの給料を受け取っていたというのだから驚きだ。

政府の説明によれば、「各顧問においては、経営に係る専門的な知識や経験に基づき助言を行っていたとのことである」とのことだが、ドメスティック企業の東電に一応国際経験豊かな外務官僚の谷内氏がいったいどんな専門的な知識や経験を指導できるのか。

そして、あのお粗末な原発事故対応だ。

しかし、こうした過去を谷内氏は総括もしていないし、毎月90万円もの高額な謝金を被災地に寄付したとも聞かない。恥知らずとはこのことだ。


 前回の記事でもご紹介したように、谷内氏は韓国の情報機関の工作員と親密な関係でもある。それだけでも大問題なのに、この有様。

外務省という無能官庁の腐敗と汚泥を象徴するのが、谷内正太郎氏だ。

こういう人物が政権内、政府から追放され、「情報と諜報」のプロである、北村滋氏が後任として国家安全保障局長になったことは、やや遅かりしとはいえ、大いに喜ぶべきことだ。この遅れを取り戻すためにも、安倍総理の更なる任期と活躍が望まれるところである。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧