• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • タンザニア銀行がプレスリリース「独島コインの件は悪意のある噂でコインを鋳造する契約をしたことは決してありません」

タンザニア銀行がプレスリリース「独島コインの件は悪意のある噂でコインを鋳造する契約をしたことは決してありません」

「独島が『韓国の領土』と表記された硬貨がタンザニアで今年7月に発行され、韓国の国内外で販売されている」と報じたのは韓国メディア。

これに対して、菅官房長官は「在タンザニアの日本大使館から直ちにタンザニア外務省に事実関係を確認したところ、先方からは、中央銀行含めタンザニア政府としてそのような記念コインを発行した事実はない。このように回答がありました。」と完全否定。

韓国は「日本政府の聞き方」に疑問視。

このコインは今年7月に発行され、韓国内でも販売されていた。韓国の販売業者・豊山禾東(プンサンファドン)洋行はこのコインについて「欧州企業が企画・製作したもので、タンザニア中央銀行の承認を得て発行されたもの」と主張。韓国銀行も同様の回答をしたという。

タンザニア政府が発行の事実を否定したことについて、豊山禾東洋行の関係者は「正確なことは分からない」としつつも「推測ではあるが、日本政府が『タンザニアが(自ら)独島記念コインを発行したのか』と聞いたため、『そうではない』と否認した可能性がある。発行の承認をしたかどうかを聞いていたらきちんと答えたはずだ」と述べている。これについて記事は「つまり、タンザニアが韓国のことを特別に思ってコインを発行したというよりは、これまで行ってきた収益事業の一環として、外国民間企業の記念コインの発行を承認したと考えられる」と説明している。

https://www.recordchina.co.jp/b745808-s0-c10-d0127.html

「欧州企業が企画・製作」でタンザニアは製作していない。「発行の承認をしたかどうかを聞いていたらきちんと答えたはずだ」と聞き方が悪かったのではないかと言っている。

そんな中、タンザニア銀行が独島硬貨には一切関わっていないと発表。

DOKDO COMMEMORATIVE COIN TZS 3,000
There are rumors going around in social media that in July 2019, Bank of Tanzania
issued a commemorative coin of TZS 3000 portraying the Dokdo Island on the
obverse side and Tanzanian court of arms on the reverse side. Bank of Tanzania
would like to clarify that the rumors are malicious and unfounded. Further, it has
never in any way contracted any company to mint such a coin.

https://www.bot.go.tz/Adverts/PressRelease/DOKDO%20COMMEMORATIVE%20COINS%20FOR%20TZS.pdf

ソーシャルメディアにおいて 2019 年 7 月にタンザニア銀行が表側に独島〔原文ママ〕、裏側にタンザニア国章が
描かれた 3000 タンザニア・シリングの記念コインを発行したという噂が拡散しています。タンザニア銀行は、これは
悪意があり、根拠の無い噂だということを明言いたします。当行はどんな企業とも、いかなる形式でも、このよう
なコインを鋳造する契約をしたことは決してありません。

http://www.tanzaniaembassy.or.jp/ITEMS/Notice%20issued%20by%20Bank%20of%20Tanzania%2018.09.2019.pdf

タンザニア銀行が完全否定したことで、「欧州企業が企画・製作」とあるように、この欧州企業がキーマンとなる。

欧州企業は「リヒテンシュタイン」にある硬貨製造会社

FNNが取材でこの欧州企業にたどり着いたようだ。

その後の私たちの調査の結果、「ヨーロッパの会社」はオーストリアとスイスの間に位置する「リヒテンシュタイン」にある硬貨製造会社であることが分かった。

早速、独島硬貨の真相を聞くため、コンタクトを試みた。担当者は会議中ということで、直接話すことはできなかったが、1通のメールが送られてきた。

(独島硬貨は)タンザニア銀行によって正式に認可された硬貨です。現在、タンザニア銀行とこの件について調査しており、調査後にプレスリリースを出します

独島硬貨はタンザニアの中央銀行であるタンザニア銀行によって「正式に認可を受け」製造したものだと主張している。

https://www.fnn.jp/posts/00048256HDK/201909192204_naonorikawamura_HDK

タンザニア銀行と真逆の主張をしている。

どちらかが嘘をついていることになる。タンザニアの中央銀行が嘘をついているとは考えにくいが、欧州企業が嘘をついているのであれば、韓国の関与を疑わざるを得ない。

むしろ、韓国主導でシナリオを作り、国際的に日本を貶めようとしているとみた方がいいだろう。

今後もこの件は注目していきたいと思います。ので、日本のメディアは徹底追及していただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧