立憲民主党系労組が税金で闇資金を五千万円以上も作り、立憲民主党を応援していた!枝野代表は説明と賠償責任を果たせ!

神戸市を揺るがす問題が起きている。ポートライナーなどを運行する神戸市の外郭団体「神戸新交通」において、労働組合が不正給与をもらいつつ、勝手に会社を休んで政治活動を行い、労組委員長に低利で何千万円も会社に融資させたのである。

そして、この労働組合は、その闇金を使って、なんと立憲民主党を応援していたのである。

神戸市新交通の労働組合は腐敗の極み!

神戸市新交通株式会社は、神戸市の巨額の予算によって建設されたポートアイランド線、六甲アイランド線を運営する外郭団体である。77%は神戸市からの出資で、多額の税金で作られた施設を、多額の税金で運用しているのである。取締役には、神戸市の局長もいる。

しかし、この神戸新交通は、労組の喰い物にされていたのである。(参考1)(参考2)(参考3)(参考4

・労組は、勝手に政治団体を設立し、よりによって本社に設置。この政治団体には、無償で労組の事務所を提供していたが、政治資金規正法に違反する行為である。

・労働組合員の勤務時間の9割を労働組合活動に勝手に費やし、1割しか働かず(離職承認を得ていた勤務時間は4割のみ)

・賃金台帳で記録が残るだけでも7年間で、労組役員7人に、本来の給与に上乗せして、賞与や超過勤務手当の名目で2216万円を不正支給。この全額が労組運営費に充てられていた。

・新交通は、貧困社員のためと称する「特別貸付金」制度を使って、労働組合委員長からの「組合活動費の為に借りたい」との要望に応じ、2500万円以上も無担保・無保証で貸し付ける。しかも金利は当初2%という低金利だったが、労組委員長のお願いにより、0.96%という超低金利に変更された。なお、「特別貸付金」制度は、パンフレットも案内もない。

・労組内では、10年以上も労組委員長への信任投票すらない。

・不正給与・賞与支払いの実行犯の取締役が組合委員長と海外旅行に。

・ヤミ専従の主犯・元市職労委員長を同社で匿い、給与を払っていた。

・ポートライナー神戸空港駅の売上金の合計664万円が行方不明。内部犯行が濃厚とされる。

このように諸々合算すると、神戸新交通の労組は、5000万円以上も税金から横領していたことになる。勝手に離職していた人件費等も含めれば、現実には億を超えるだろう。

とんでもないことだが、新交通の労組は、このカネと人員で何をやっていたか。この件については、既に神戸市議会で明らかになっている。

腐敗した労組は、ヤミ金で立憲民主党を応援していた!

以下は、神戸市議会の岡田ゆうじ議員が紹介した動画だが、神戸市議会では、新交通の社長が追及され、恐るべき闇金の使い道が明らかにされている。

五島市議 この中で、政治活動という話があるんですが、政治活動というのは私鉄の立場を政治的に上げようとするものなのか。それとも今回統一地方選がありましたが、誰か特定の候補を応援するような政治活動だったのか?

新交通社長 当社の組合、申し上げましたように私鉄総連加盟の労働組合でございますし、組合としても政策が合致する政党団体を応援することは、一般的であるかなと。(略)

五島市議 すみません、抽象的でわからなかったんですけれども、私鉄総連さんの政策が合致する政党はどこですか?

新交通社長 立憲民主党と伺っております

引用元 https://twitter.com/okada_tarumi/status/1174496732945608706

五千万円以上もの金を集め、多くの組合員に有給で離職させた、神戸新交通の労組は、立憲民主党を応援していたのである!

とんでもない事態だが、ここで問題になるのは、立憲民主党側の対応である。神戸新交通の労組から、どのような支援や資金供与を受けていたか、枝野代表は早急に説明するべきだ。そして、神戸市民に対し賠償すべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧