• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • バズフィードさん、文在寅政権の為に「この写真はライダイハン被害者ではない」と嬉々として否定し、韓国の新聞も大喜びで紹介!でも、ライダイハンの真実とライダイハン像の写真は報じず

バズフィードさん、文在寅政権の為に「この写真はライダイハン被害者ではない」と嬉々として否定し、韓国の新聞も大喜びで紹介!でも、ライダイハンの真実とライダイハン像の写真は報じず

朝日新聞元記者の古田大輔氏が編集長を務めるバズフィード・ジャパンは、先日、ネットに流布する一枚の写真をわざわざ取材し、「ファクトチェック」と称して、多額の時間と記者の人件費を使い、ライダイハンの件とは関係のない写真であると証明した。

今まで、ライダイハンという韓国軍による組織的性暴力の問題をほとんど報じてこず、また、中国や韓国による日本軍に関する偽写真・偽証言をファクトチェックをしたこともないくせに、よくもまあという感想しかない。

しかも、このバズフィードの件は、中央日報が「日本の右翼がデマをばらまいている」とまで嬉々として報じる始末だ。

バズフィードが完全に無視する、ロンドンのライダイハン像の写真。

バズフィードさん、なぜかどうでもいいブログ記事の一写真を熱心に追及す!

10月1日、バズフィード・ジャパンは、「ベトナム人女性をレイプし、切断して楽しむ韓国兵たち」拡散した写真、フェイクの説明を後付けか、という記事を配信した。

記者は、元朝日新聞記者の籏智広太氏だ。

その内容は、以下の写真が、一部のブログ記事などでライダイハン記事の挿絵として引用されているが、これは1971年に朝日新聞が出版した写真集によるもので、その内容は米兵が全滅させたベトコン部隊との写真だというのである。

籏智広太氏の年収は知らないが、朝日新聞記者の彼が転職を決意したのだから、かなり高いと思われる。わざわざ48年前の写真集を探しに行ったり、ブログやらヤフー知恵袋の最古の投稿を探しだしたりと、彼の勤務時間のかなりを浪費もとい使用しているので、相当の人件費が使われている。

なお、政治知新では、この画像を使ったことはない。彼がライダイハンの事実にダメージを与えるためにわざわざマイナーな写真を探し出してきて、偽物だとドヤ顔で指摘していることがよくわかる。

報道しない自由をほしいままにするのが、バズフィード・ジャパン!

一部のブログで使用されているマイナーな写真の真偽を暴く一方で、籏智広太氏は、ライダイハンの説明はさらっとアリバイ作りにもならない程度に指摘するだけ。ロンドンに設置されたライダイハン像は、まったく紹介せず、恣意的な報道しない自由を行使しているのだ。

このライダイハンの件で重要なことは、この写真が本物どうかではなく、ベトナム戦争時の被害者として、多数複数の女性が韓国軍にレイプされ、殺され、その結果ライダイハンという混血児が生まれ、彼らが差別の中今も生きているという事実である。

このことはノーベル平和賞のナディア・ムラド氏もライダイハン像のロンドンでの設立の際に演説をしてそのことを指摘し、援助を求めている。また、国連と韓国の文大統領にも調査を進言している状況だ。こう言ったことを報道するべきであり、偽物の写真の調査をする暇があるなら、こうした被害者に手を差し伸べるとか、ナディア氏の調査のお手伝いをするとか、ジャーナリストなら他にやることがあるだろう。

ちなみに少なくともライダイハンは800人以上いるようである。

参考 https://www.laidaihanjustice.org

ノーベル平和賞受賞者のナディア・ムラドさんは、ライダイハンという韓国軍による組織的な戦争性犯罪の責任追及をしている。バズフィードは、この件を全く報じていない。

バズフィードのやり口は、いつもこうだ!

しかし、こうした行為は、バズフィードさんと籏智広太氏の得意技だ。先日の池袋暴走事故で、野党や望月衣塑子氏は、犯人の飯塚幸三が「安倍総理の政策秘書の父親だった」というデマを拡散した。

その際、バズフィードさんと籏智広太氏は、柚木議員がデマを拡散した事には触れたのに、東京新聞の望月記者がデマを拡散した事には、一切触れず、大いに批判された。(参考

同業者であり、同じ反政権では権威ある望月記者には逆らえないという忖度なのだろうが、恥ずべき態度と言ってよい。

そもそも、朝日新聞などの大メディアが嘘写真を使ってきたことは、歴史的に有名であり、そして同じく全くファクトチェックしないのが、朝日新聞出身の編集長と記者を抱えるバズフィード・ジャパンなのだ。

ジャーナリストとして、こういう輩が許されて良いのだろうか?

バズフィードは、たった200人しか集まらなかった官邸前デモを絶賛していた。ひとまず、自称600人のファクトチェックをするべきだったのに。

結果的には、韓国政府のプロパガンダに協力し、日韓関係とライダイハン被害者救済を破壊したバズフィード・ジャパン!

しかも、この記事は、韓国の中央日報によって得意げに引用され、「バズフィード・ジャパンが暴いた!」「日本の右翼が巧みに嘘をついている」「日本の右翼はライダイハンという混血児の問題で、嘘をついて利用している」という主張に利用されてしまった。

参考 https://mnews.joins.com/article/23592839

要するに、バズフィード・ジャパンは、結果的ではあるが、韓国政府のプロパガンダに協力し、韓国国内の世論を硬化させただけだ。そして、それは日韓関係を破壊し、ライダイハン被害者の救済を遅らせるだけだ。

中央は告発するライダイハン被害者。こういう声をバズフィードは無視してきた。まさしく人道の敵だ。

まさに、バズフィード・ジャパンは日韓友好の敵であり、ベトナム人民の敵だ。

そもそも、こんな一部のネットのネトウヨを叩く暇があるならば、もっと調査すべきことはある。そんなに、この問題を取材したいならば、ライダイハンの被害者に取材でもしたらどうなのか。

ロンドン中心部の講演で一般公開された、ライダイハン像。

この写真が流布したとしても、ライダイハンという組織的な韓国軍による性暴力があったのは、事実である。現実にライダイハンの被害者は多数告発しており、強姦の被害を訴えている。その結果、生まれた子供たちも告発している。

日本の一部のネトウヨを批判するよりも、多くの韓国政府を批判するべきだ。

しかし、メディア業界では強大な存在の望月記者には逆らえないように、巨大な文政権には忖度してしまう、みっともないのがバズフィード・ジャパンなのだ。

弱い者いじめで、事実をゆがめたいメディアは朝日新聞と毎日新聞とリテラと日刊ゲンダイだけで十分だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧