• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 週刊朝日が日朝交渉を「ねつ造インタビュー」で妨害か!?記者は陰謀論を真に受け、事実誤認ばかりで望月記者にゴマすりの人物!週刊朝日も誤報ばかり…

週刊朝日が日朝交渉を「ねつ造インタビュー」で妨害か!?記者は陰謀論を真に受け、事実誤認ばかりで望月記者にゴマすりの人物!週刊朝日も誤報ばかり…

あの朝日新聞社が出版する週刊誌「週刊朝日」は、これまでにも誤報やねつ造で土下座を連発してきたが、今度もまた土下座をすることになりそうだ。

10月1日発売の「週刊朝日」は、北村滋国家安全保障局長がインタビューに答えたとするかのような内容を掲載した。

これに対し、政府側は週刊朝日に対し、「ねつ造インタビュー」であると抗議文を出す事態になっている。

そして、この「独白インタビュー」とやらを書いた記者は、基本的な事実を間違え、陰謀論を真に受け、しかも、望月記者に媚を売るトンデモない人物であり、週刊朝日自体も誤報連発雑誌だったのだ。

「週刊朝日」が「報じた」中身、そして、取材の事実を否定する政府

10月10日の週刊文春は、以下のように紹介する。

〈独白 安倍首相の懐刀 北村滋国家安全保障局長 「早期に日朝首脳会談を平壌で開催へ」〉

こんなタイトルの記事が10月1日発売の「週刊朝日」に掲載された。ことさら目を引いたのは北村氏の締めの発言だ。

〈今年中に安倍総理と金正恩朝鮮労働党委員長の平壌での首脳会談実施を目指しています〉

引用元 「週刊朝日」独白は“捏造”なのか 北村滋氏“今年中に日朝首脳会談”発言の波紋

本当ならば、『今年中に』『平壌で』と日朝首脳会談の時期と場所にまで踏み込んでおり、北朝鮮側が足元を見かねない発言だ。

しかし、週刊文春によれば、北村氏は、「インタビューには答えていない」と否定し、杉田和博官房副長官にも発売日の朝、番記者に「政治家があえて期限を区切ることはあっても、役人は口にしない。北村はそんなことは言ってないだろう。週朝にはしかるべき措置をとる」と否定した。

北村氏は、週刊朝日に抗議文を送るとともに、『今後も各社のインタビューを受けるつもりはない』旨を番記者たちに伝え、週刊文春の取材に対しても、「すでに抗議しました」「(週刊朝日の取材には)応じてないです」と伝えたという。

一方、「取材した」と主張する今井良氏は、「コメントは差し控えます」とだけ語るのみで、まともに説明も釈明もしない。「週刊朝日」編集部も、週刊文春に対し、書面で「9月6日に北村滋氏に面談で取材した上で記事を掲載いたしました」と回答するのみ。

両者の主張は、真っ向から対立しているが、少なくとも、この取材したと主張する今井良氏も週刊朝日も疑ってかかるべき「前科」をお持ちなのだ。

今井良氏はド素人以下!基本的な事実すら間違える

今井良氏の代表作は、「内閣情報調査室 公安警察、公安調査庁と三つ巴の闘い (幻冬舎新書)」だが、これが基本的な事実すら間違え、陰謀論を真に受けているひどい内容なのだ。

以下は、その一端だ。

・防衛省の外局である、情報本部を「内局である」と紹介。
・「陸上幕僚監部調査部第二課別室(通称・調別)の衛星が、軍の動きをしっかりフォローしていた」「調別の画像分析官によるコメントが添えられていた」とあるが、調別が画像偵察衛星を運用していた事実はない
・『内閣衛星情報センター』の撮影した情報収集衛星による画像は『通信情報(コミント)』と呼ばれるトップシークレット」とあるが、「通信情報(COMINT)」というのは間違いで、正しくは「画像情報(IMINT)」。
・「2019年1月現在で次の情報収集委託団体が存在している」として18の団体を挙げている。出典はWikipediaと思われるが、Wikipediaでは「過去に情報調査委託費の交付が確認されている団体」としてくくられているので、これらの中には統廃合された団体や現在は内調と委託関係にない団体も含まれている。
・国際テロ情報収集ユニットが「組織上は外務省国際情報統括官組織の下部に位置するとされている」とあるが、実際には総合外交政策局の下部に位置。

その他にも多数あるが、ひどすぎるレベルだ。画像情報を「通信情報」と間違えるなど、Wikipediaに書いてあるようなレベルであり、料理評論家が和食と洋食を間違えるレベルの恥ずかしさだ。

いかに今井氏が思い込み先行でロクに取材せずに書いていることがわかる。

今井良氏は、陰謀論を真顔で信じ、望月記者の珍映画を絶賛するトンデモ記者

また、陰謀論を多数真に受けているのが、この今井氏による珍本の特徴だ。

・陰謀論で有名な「日本解放第二期工作要綱」を真に受けて紹介しているが、これは有名なねつ造文書。
・NHKが内調指揮下であるかのように珍説を主張。しかし、そうであるならば安倍政権批判をNHKが連日していることは理解不能。
・警察庁長官狙撃事件は「犯人はオウム真理教の関係者ではなく、北朝鮮の軍の特殊部隊員だった可能性がある」と今では誰も信じていない珍説を紹介。

このように、今井氏は、基本的な事実も押さえず、しかも、今どき、ネット右翼でも信じないような怪文書を真顔で事実化のように紹介しているのだ。

失笑するしかない。

しかも、今井氏は、望月記者にゴマすりまでしていた。彼女の珍映画「新聞記者」を絶賛しているのである。「新聞記者」は、外務省のキャリア官僚がネット右翼のTwitterを更新しているとする珍説を描いたが、それを肯定しているのだから、おつむのほどは明らかだ。

週刊朝日もねつ造と誤報雑誌!

そして、週刊朝日もまた、親会社の朝日新聞に負けない誤報のオンパレードだ。

・2000~2001年、悪徳サラ金会社である武富士から5000万円を受け取り、裏金にする。
・2003年、拉致被害者の地村さんの「独占インタビュー」を掲載するも、秘密録音した上に無断で掲載したものと発覚し、謝罪。
・2006年、今上両陛下に関するねつ造記事を掲載し、謝罪。
・2007年、安倍総理の秘書が暴力団の被害者なのに、長崎市長射殺事件に関与しているかのような新聞広告を掲載し、しぶしぶ謝罪。
・2009年、岡田克也と西松建設が怪しいと広告に書いたのに、記事を書かず、岡田克也に怒られて謝罪。
・2012年、橋下市長への差別記事を掲載し、謝罪。


このように、記事を書いた今井良氏と週刊朝日がトンデモだとよくわかる。

こういった連中の主張を信じろと言われても、まずは疑ってかかるべきだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧