• HOME
  • 記事一覧
  • 与党 , 政治ニュース
  • 安倍総理、所信表明演説で、ふなごさんを称賛し「みんなちがっていい」寛容な社会を作る決意を表明!リンチ大好きなれいわ新選組とは対照的!

安倍総理、所信表明演説で、ふなごさんを称賛し「みんなちがっていい」寛容な社会を作る決意を表明!リンチ大好きなれいわ新選組とは対照的!

今年10月4日、安倍総理の所信表明が、臨時国会開会で行われた。

そして、安倍総理の演説では、れいわ新選組支持者からリンチされた、ふなご靖彦さんへの優しい思いやりと、多様性と社会的弱者への温かい眼差しとその断固たる決意が伺えた。

安倍総理、リンチされた「ふなご靖彦」さんの当選をお祝いし、その人生を称賛

安倍総理の所信表明演説を、まずは見てみよう。

十五年前、一人のALS患者の方にお会いしました。

「人間どんな姿になろうとも、人生をエンジョイ出来る」

全身が麻痺(ひ)していても弾くことができるギターを自ら開発。演奏会にも伺いましたが、バンド活動に打ち込んでおられます。更には、介護サービス事業の経営にも携わる。その多彩な活動ぶりを、長年、目の当たりにしてきました。

令和になって初めての国政選挙での、舩後靖彦さんの当選を、友人として、心よりお祝い申し上げます。

引用元 第二百回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説

今から15年前、安倍総理が自民党幹事長だった時代、千葉市の駅頭で街頭演説していた時に、その演説を聞いていた一人のALS患者がいた。

現在、れいわ新選組の新人参議院議員のふなご靖彦さんである。

当時の安倍幹事長は、聴衆の中に分け入り、ふなごさんを含む人々と握手。メアド入りの名刺を渡したところ、ふなごさんがメールを送ったことから、ずっとやり取りを続けたばかりか、安倍総理は、その後もふなごさんが経営する施設を訪問。また、ふなごさんのロックバンドの公演や演奏会にも駆け付けたという。

そして、メル友としての交流は今も続き、官邸にもたびたび招いているという。そして、先日の「リンチ騒動」の直後にも招き、ふなごさんに「優しい人」と言わしめた。

心温まる関係である。

そして、安倍総理は、ふなごさんによる「人間どんな姿になろうとも、人生をエンジョイ出来る」という発言を引用した。(この発言を野党勢力の皆さんは、ふなごさんに失礼だ!と騒ぎ立てたが、恥をさらしただけだった。)

まさに、ふなごさんという存在を全力で肯定し、「大東亜戦争」という用語を使い、GHQを批判したことで、れいわ新選組支持者にリンチされ、山本太郎代表にも見捨てられていた、ふなごさんへの何よりの励ましである。

そして、全てのALS患者、そして、全ての社会的弱者を受け入れられ、支援し、活躍させるという安倍総理の決意表明の口火でもあった。

安倍総理の招待で官邸を訪問する、ふなごさん。

安倍総理「みんなちがって、みんないい」と多様性ある社会を作ると決意表明

安倍総理は、「令和を、みんなちがって、みんないい時代にしてみせる」趣旨を力強く述べた。

障害や難病のある方々が、仕事でも、地域でも、その個性を発揮して、いきいきと活躍できる、令和の時代を創り上げるため、国政の場で、共に、力を合わせていきたいと考えております。

令和を迎えた今こそ、新しい国創りを進める時。これまでの発想にとらわれることなく、次なる時代を切り拓いていくべきです。

ハンセン病家族訴訟原告団と面会し、謝罪と救済を約束する安倍総理。まさしく弱者の味方だ。

引用元 第二百回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説

まさに令和は新しい時代であり、国創りの時だと安倍総理は宣言したのである。

「みんなちがって、みんないい」

新しい時代の日本に求められるのは、多様性であります。みんなが横並び、画一的な社会システムの在り方を、根本から見直していく必要があります。多様性を認め合い、全ての人がその個性を活かすことができる。そうした社会を創ることで、少子高齢化という大きな壁も、必ずや克服できるはずです。

若者もお年寄りも、女性や男性も、障害や難病のある方も、更には、一度失敗した方も、誰もが、思う存分その能力を発揮できる、一億総活躍社会を、皆さん、共に、創り上げようではありませんか。

被災地を訪問し、激励する安倍総理。

引用元 第二百回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説

素晴らしい決意表明である。

あらゆる、どのような存在であっても、そして、失敗した人間であっても、まさに安倍総理がそうであるように、挑戦を繰り返せる社会にしようというのである。

そして、その為の憲法改正でもあるのだ。

さて、このふなごさんが「大東亜戦争」「GHQの誤った政策」と発言したことに対し、集団リンチを行い、ふなごさんが謝罪しても断じて許さなかったれいわ新選組のみなさんだ。どちらが、「令和」を名乗る資格があり、あたらしい時代を作り、弱者の味方かは明らかだ。

どちらが障がい者の政治利用をしているかも、だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧