• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 【教員いじめ問題】保護者説明会で「給食のカレーやめます」 ネット「なぜそういう発想になるのかな?」「カレーに罪はないでしょう。本質がズレてるよ」

【教員いじめ問題】保護者説明会で「給食のカレーやめます」 ネット「なぜそういう発想になるのかな?」「カレーに罪はないでしょう。本質がズレてるよ」

 教師が教師に激辛カレーを無理やり食べさせるなど理解し難い行為が繰り返された小学校。保護者向けに開催された説明会も理解し難い内容でした。

無理やり激辛カレーを食べされるなど、後輩の教師にいじめを繰り返していた4人の教師。保護者への説明会では動画にショックを受けた児童への対応として給食のカレーを一時、中止することや動画が撮影された家庭科室を改修することが発表されたほか、加害教師4人の謝罪コメントが読み上げられました。
これに対して保護者からは直接、謝罪すべきとの声がありました。なぜ児童に直接、謝罪しないのか、明確な説明はありませんでした。
東須磨小学校ではショックを受けた児童4人が不登校となり、うち2人は今も休んでいるということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191017-00000047-ann-soci ※動画有

ネットの反応

・カレーのせいではない…家庭科室の改修も関係ない…。ただ、小学生にとってはいろいろな意味でショックが大きいのは事実だ思う。被害教師のことを慕っていた子どもにとっては、身近な大人が被害を受けていて休むまでになってしまったことへのショック。加害教師のことを信じていた子どもにとっても、一体何を信じていいのかと人間不信にもなりそうだ。そういう意味では、動画が出回って、ここまで報道されてしまうまで放置してしまった学校や教育委員会の罪は大きい。加害人数、被害人数も多そうなので、カレーとか家庭科室とかじゃなくて学校改革の経験者などに力を借りた抜本的な改革と子どもへのケア、カウンセリングなどが必要だと思う。

・なんでカレー中止する必要があるのでしょうか
悪人教師をクビにすれば、明日から今まで通り楽しい給食できるでしょう
カレーは一番人気のメニューだ、子供たちに責任はない

・カレー中止とかの前に、今回の件に関わった先生がまず、生徒の前で事情を説明し、謝罪するのが間違いをおかした大人がするべき事ではないでしょうか。有給休暇とかで逃げていても事が収まるわけありません。教育委員会も加害者を守ってないで、悪いことをするとこんなふうになるんですよ!って子供に示す必要があると思います。
まず、他県でもこの先生方が教員をすることのないよう、教員免許剥奪をお願いいたします。

・そこまでする必要が無いだろ。
カレーを食べるのは生徒であり、保護者ではない。
だったらちゃんと生徒からアンケート取った上で、カレーを出す出さない決めるべきだと思う。日本はなんでも過剰に考えすぎます。

・カレーに罪はないでしょう。
本質がズレてるよ。
イジメはカレーだけじゃなく50種類ぐらいの色々なイジメがあったみたいだし。
それよりも皆が知りたいのは加害教師達は何故こんな事をしていたのか?何故、校長始め周りの教師達は見て見ぬふりをしていたのか?
それよりも逮捕されて早く顔写真、名前を放送してほしい。
そして被害者の先生方と子供達に心から反省して謝罪してほしい。

・なぜそういう発想になるのかな?
給食のカレーに罪はない。
よくもまぁこんなことを言うモノだ。
物事の本質をしっかりとみた対応が必要です。

・カレーで不登校になったわけじゃなくて、先生が暴行を受けて適切に助けられないことにショックを受けたからじゃないのかな?

・カレー辞めるより、この動画をニュースとかで流さないよう要請したら?と思う。
流れまくってるし、もう、手遅れだと思うけど、この学校の児童にはショックが大きい動画だと思います。
先生が被害を受けてる様子も、先生が危害を加えている様子も、どちらに心理的に負担が大きい動画だと思います。
カレー辞める前に、被害者と児童と向き合って欲しい。

・給食のカレーは激辛じゃないんだから、それはまた別の話ってできないものかね。栄養士さんと調理員さんたちが一生懸命においしいのを作りました、安心していただきましょうって。
あと家庭科室の改修ね。さすがにやり過ぎじゃない?費用がもったいないでしょうが。数十万円かかるのかな?加害者の悪党どもが支払わないなら反対だな。
メンタルにきちゃってる子には個別に対応でいいと思うんだけどな。大多数の子はそこまでにはなってないみたいだし。給食のカレーやめるとか家庭科室の改修だとかは、私はしないでほしい。

・児童への謝罪の前に被害者への謝罪だと思いますが。自分の子供が何でも最優先で第一ではないですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧